ゼロ ダウンタイム アップグレードの管理

ゼロ ダウンタイム アップグレード (ZDU) を使用すると、ユーザーのダウンタイムなしで Jira Data Center をアップグレードできます。つまり、アップグレード プロセス中もインスタンスを引き続き使用できます。

ゼロ ダウンタイムについて

ゼロ ダウンタイム アップグレード (ZDU) は、Jira Data Center で利用できる、特殊な手法です。これは、ノードを 1 つずつアップグレードしながら異なる Jira バージョンで動作させることができるようにするアップグレード モードを導入します。アップグレード中、Jira は引き続き完全に動作し、ユーザーは通常どおりに使用できます。

ZDU は、Jira Software Data CenterJira Service Desk Data Center の両方で使用できます。このアップグレード手順を使用するには、Jira Software 7.3 または Jira Service Desk 3.6 が必要な最小バージョンとなります。Jira Software と Jira Service Desk の両方を実行している場合についてもこのドキュメントで説明します。

ゼロ ダウンタイム アップグレード プロセスには長い時間がかかる場合があるため (ノード数に応じて異なります)、必要な操作をすべて完了したかどうかを確認できる、便利なチェックリストも用意しています。このページのすべてのステップを 1 つずつ実行することをおすすめします。チェックリストは、何をどこまで実行したかを追跡するためのツールです。

技術的な概要

アップグレードに関連してクラスタで発生する内容の詳細については、「ZDU 技術概要」を参照してください。

FAQ

ご質問がある場合、「ゼロ ダウンタイム アップグレードの FAQ」をご確認ください。

はじめる前に

ゼロ ダウンタイム アップグレードを開始する前に、いくつかすべきことがあります。

目的のバージョンのインストーラーがあることを確認します。
詳細を読む...

適切な Jira Software または Jira Service Desk インストーラーをダウンロードします。各ノードで個別にアップグレードする必要があるため、それぞれのノードで利用可能であることを確認します。

対象のバージョンについて熟知していることを確認します。
詳細を読む...

アップグレード先のJira プラットフォームJira Software、および Jira Service Desk のバージョンのリリース ノートとアップグレード ノートを確認します。アップグレードでバージョンをスキップする場合、現在のバージョンとアップグレード先のバージョンの間のすべてのバージョンのリリース ノートとアップグレード ガイドを確認することを強くおすすめします。ゼロ ダウンタイム アップグレードを行うための最小バージョンは、Jira Software 7.3 または Jira Service Desk 3.6 であることにご注意ください。

サポートされるプラットフォームを使用していることを確認します。
詳細を読む...

お使いのオペレーティング システム、およびその他のプラットフォームおよびハードウェアが、対象の Jira バージョンの要件に引き続き準拠していることを確認します。Jira の今後のバージョンのプラットフォーム サポートに関する重要な情報について、サポート終了のお知らせのページもご参照ください。

アドオンをチェックします。
詳細を読む...

Jira アドオン (Jira に同梱されていないもの) をインストールしている場合、それらがアップグレード先の Jira Software バージョンとの互換性を持っていることを確認します。アドオンの互換性の情報については、Atlassian Marketplace のアドオンのホームページをご参照ください。 

  • アドオンが現在のバージョンと目的のバージョンの両方をサポートしている場合、何もする必要はありません。
  • アドオンに更新があり、それが現在のバージョンとアップグレード先のバージョンをサポートする場合、Jira のアップグレードを行う前にアドオンを更新します。
  • アドオンが現在お使いのバージョンをサポートしているけれど、目的のバージョンをサポートするには更新プログラムが必要な場合 (更新プログラムが現在のバージョンをサポートしていない場合)、アップグレード中の課題を回避するためにアドオンを無効化する必要があります。アップグレードが完了したら、アドオンを更新して再度有効化できます。つまり、アップグレード中はアドオンを利用できません。
  • アドオンが現在のバージョンをサポートしているけれど、目的のバージョンをサポートしていない場合 (目的のバージョンをサポートする更新プログラムがない場合)、アップグレード中に問題が発生する可能性があり、アップグレードを進める場合はそのアドオンを無効化する必要があります。アドオンは、アドオンが新しいバージョンをサポートし、更新できるようになるまで、有効化しないでください。
データベースのバックアップ
詳細を読む...

ゼロ ダウンタイム アップグレードを使用するには、アップグレード プロセス全体でデータベースを利用可能である必要があります。そのため、アップグレード手順の開始時点に可能な限り近いデータベースのネイティブ ツールを使用してデータベースのバックアップを実行する必要があります。

Ensure your Support Healthcheck, Instance Health, and Troubleshooting and Support Tools plugins are enabled, and up to date with the latest versions. plugins are enabled, and up to date with the latest versions.
詳細を読む...

Jira がゼロ ダウンタイム アップグレードで適切な情報を提供できるようにするため、ゼロ ダウンタイム アップグレードのチェックでは、これら両方のプラグインが有効化されているかどうかが確認されます。これらはデフォルトで有効化されていますが、次の内容が必要かどうかを確認します。

  1. Navigate to  > Manage apps.
  2. 適宜「health」または「support」と入力し、ドロップダウンでシステムを選択してプラグインを検索します。
  3. 関連プラグインを展開して、有効/無効のいずれかを確認します。無効化されている場合は、有効化をクリックします。

いずれかのプラグインで更新プログラムを利用可能な場合、更新ボタンが表示されます。このボタンをクリックして利用可能な最新バージョンに更新します。

新しいバージョンのプレステージングとテスト

アップグレードは、本番環境を最も反映するテスト環境で最初に実行することを強くお勧めします。テスト環境のアップグレードに成功し、正常な機能を確認するまでは、本番環境インスタンスをアップグレードしないでください。これには、アドオンとカスタマイズのチェックも含まれます。テスト環境におけるアップグレードで解決できない問題がある場合、弊社サポート サイトで課題を作成してサポートを依頼してください。

1. Jira をアップグレード モードにする

Jira をアップグレード モードにすることで、アップグレードを完了またはキャンセルするまでの間、クラスタのノードを Jira Software または Jira Service Desk の異なるバージョンで実行できます。Jira をアップグレード モードにするには、すべてのノードが同じバージョンで実行されている必要があります。

  1. > [アプリケーション] > [Jira アップグレード] に移動します。
  2. [Jira をアップグレードにする] をクリックします。これは、利用しているすべてのノードが同じバージョンにある場合にのみ利用できます。

Jira を初めてアップグレード モードにした場合、アップグレードをキャンセルして Jira のアップグレード モードがキャンセルされます。これは、ノードのアップグレードを開始するまでの間のみ利用可能です。ノードを同じバージョンにアップグレードしたら、アップグレードをファイナライズできます。アップグレードをキャンセルするには、各ノードを元のバージョンにロールバックする必要があります。

2. Jira アプリケーションを更新する

クラスタで Jira Software と Jira Service Desk の両方を実行している場合、Jira 共有ホームに Jira Service Desk のファイルを手動でコピーする必要があります。Jira Software または Jira Service Desk を単体で実行している場合、この手順はスキップして構いません。

  1. 必要な Jira Service Desk OBR ファイルをダウンロードします。ダウンロードしたバージョンが、インストールしようとしている Jira Software のバージョンとの互換性を持つことを確認します。互換性の確認についてはこちらをご参照ください。
  2. ダウンロードした OBR ファイルの拡張子を .obr から .zip へ変更します。
  3. このファイルを解凍してコンテンツを展開します。
  4. zip ファイルのコンテンツを展開したディレクトリと子ディレクトリ「dependencies」からすべての jar ファイルをコピーし、<Jira 共有ホーム>/plugins/installed-plugins に配置します。共有ホーム ディレクトリの詳細については、こちらのセクション 3 をご参照ください。ターミナル コマンドは次のようになります。
    1. Linux: cp *.jar dependencies/*.jar <Jira 共有ホーム>/plugins/installed-plugins
    2. Windows: copy *.jar + dependencies/*.jar <Jira 共有ホーム>/plugins/installed-plugins

アップグレード プロセス中、アップグレードされたノードは共有ホームから新しい Jira Service Desk jar ファイルを取得します。アップグレード待ちのノードは引き続き古いバージョンの jar を使用します。アップグレードが完了すると、すべてのノードは Jira Service Desk の新しいバージョンを実行することになります。

3. ノードをアップグレードする

Jira インスタンスがアップグレード モードになったら、各ノードを手動でアップグレードできます。ノードのアップグレードには、Jira の停止、インストールのアップグレード、Jira の開始が含まれます。Jira の停止では、ノードがクラスタから削除されて利用不可能になります。そのノードにログインしていたすべてのユーザーの、ほかのノードにリダイレクトされる前のすべてのセッションが失われます。管理差は、アップグレードするノードとその順番を決定する必要があります。ゼロ ダウンタイムを実現するためには、常に 1 つ以上のノードをオンラインにしてクラスタに接続しておく必要があります。Jira Data Center ノードの監視に関する便利な情報についてはこちらをご参照ください。また、セットアップによっては、ノードを「ドレイン」して影響を最小限に抑えることができます。

通常のアップグレードと同じように Jira インストーラーを使用して、ノードをアップグレードします。インストーラーがアップグレード タスクのほとんどを実行します。ただし、Jira インストールでカスタマイズを行っている場合、アップグレードしたインストールにカスタマイズしたファイルを手動で移行する必要があります。


これで、ノードをアップグレードする準備が整いました。インストーラーにアクセスできることを確認してから、アップグレードするノードを選択します。次に、以下の手順に従います。

インストーラーを使用して Jira をアップグレードする

最初のノードをアップグレードしたら、クラスターで利用可能であり、ユーザーがそのノードにログインしてノードを使用できることを確認します。完了したら、各ノードでプロセスを繰り返します。

4. アップグレードを完了する

アップグレードをファイナライズすると、必要なアップグレード タスクがインスタンスで実行され、Jira のアップグレード モードが終了します。必要なタスクが完了したら、インストールのアップグレードは完了です。

  1. > [アプリケーション] > [Jira アップグレード] に移動します。 
  2. アップグレードを完了するをクリックします。これは、ノードがすべて同じバージョン (新しいバージョン) の場合のみ使用可能です。

おめでとうございます! インスタンスをアップグレードし、ゼロ ダウンタイムを達成しました! 

最終更新日 2019 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.