主要な設定変更後の再インデックス

サーチのインデクシング

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

作成した課題では、 Jira インスタンスの設定を変更した場合に、検索インデックスが設定に対して非同期になる事があります。以下の設定の詳細により、検索インデックスが影響される事があります。

これらの分野の設定のいずれかを変更した場合、管理ビューで次のようなメッセージが表示される場合があります。

USERFULLNAME made configuration changes to 'SECTION' at TIME. It is recommended that you perform a re-index. It is recommended that you perform a re-index. For more information, please click the Help icon.
To perform the re-index now, please go to the 'Indexing' section.
Note: So that you only have to re-index once, you may wish to  complete any other configuration changes before performing the re-index.

管理タブへのアクセス権を持つ全てのユーザーに、このメッセージが表示されます (Jira 管理者、システム管理者、プロジェクト管理者)。上記メッセージは、Jira に対する設定変更は実施されたけれども検索インデックスには反映されていないことを意味します。Jira の検索インデックスが再構築されるまでは、Jira からの検索クエリは正しくない結果を返す場合があります。例えば:

  • カスタムフィールドを含むプラグインが無効化されていた後に有効化された場合、そのカスタムフィールドが空欄でなければならないと指定した検索クエリは、全ての課題を返す代わりに、課題を一つも返さない場合があります。
  • 特定のフィールドの可視性を「可視」に変更してフィールド設定が変更された場合、そのフィールドを指定する検索クエリはエラーを返す場合があります (修正されたフィールドと実行されるクエリに依存します)。

この矛盾を解決するには、Jira の検索インデックスを再構築します。これは Jira インスタンスの課題とコメントの数によって、数秒から数時間かかります。再インデックス化が実行されている間、バックグラウンド インデックス作成を選択しないかぎり、全ユーザーがインスタンスを利用することができません。これらの理由により、次のことをお勧めします。

  • 再インデックス化処理を始める前に、必要な設定の変更を一度に行います。そして、
  • インスタンスの利用が少ない時間帯に再インデックス化処理を開始します。
最終更新日: 2018 年 9 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.