プロジェクトの画面、スキーム、およびフィールド

各課題の情報は、その課題に関連付けられているフィールドに保持されています。組織のニーズに合わせて、これらのフィールドを調整できます。下の図は、これらのフィールドが画面やスキームを経由して、課題とどう​​関連しているかを表わしたものです。ユーザーは画面で課題を表示し、画面は画面スキームによって(課題の作成や編集など)特定の課題操作にマッピングされます。次いで、画面スキームは課題タイプ画面スキームによって、課題タイプにマッピングされます。この設定がプロジェクトに関連付けられ、プロジェクト内のすべての課題に適用可能となります。

フィールドや画面、スキームのカスタマイズにより、Jira アプリケーションの機能を最大限に発揮し、ユーザーは効率的かつ効果的に作業を行うことができます。また、通知スキームをセットアップすることで、課題が更新されたときにユーザーに通知を送信できます。本セクションの以下のページでは、ニーズに合わせて Jira を設定およびカスタマイズするために役立つ情報を確認できます。

カスタムフィールドを追加する

カスタム フィールドの機能のし方や、各課題に必要な情報を確実に得るために、カスタム フィールドを課題に追加する方法について、もっと詳しく知る

カスタムフィールドの設定

各カスタム フィールドを編集して名前、説明、既定値などを変更する方法については、こちらを参照してください。

フィールドの動作を指定する

フィールドの動作の変更方法や、フィールドが表示されたときに、最も重要な情報をユーザーが常に確認し、記録する方法について、もっと詳しく知る

画面の定義

各画面に表示される内容を変更する方法や、画面を課題や課題の操作に関連付ける方法について、もっと詳しく知る

通知スキーム

課題に関する更新があるときに、ユーザーに最新の情報を提供する通知スキームの作成方法について、もっと詳しく知る

カスタム フィールドの最適化

Jira インスタンスで構成の最適化が可能なカスタム フィールドを検索し、それらを改善する方法については、こちらを参照してください。

最終更新日: 2018 年 9 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.