プロジェクト構成を本番環境にインポートする

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

実装プロセスの次の手順は、新しい設定を本番環境へインポートすることです。 

はじめる前に

構成のインポートには、Jira インスタンスに対する多数の変更が含まれます。そのため、問題があった場合や、予期しない結果に場合に備えて、安全な対策を用意しておくことをお勧めします。 

最も推奨される保護方法は、インポート直前の本番環境データベースの有効なバックアップを保持することです。このためには通常、本番環境インスタンスがユーザーに非公開にする必要があります。これは、バックアップを復元する必要があった場合、バックアップ後に実行したユーザー操作が失われるためです。

本番インスタンスをユーザーに非公開にし、Jira XML バックアップ ツールかネイティブのデータベース ツールを使用してバックアップを行います。 


プロジェクト設定のインポート

  1. 本番インスタンスで、システム管理者権限を持つユーザーとして Jira セッションを開きます。
  2. 右上隅で「管理者」メニューを開き、アドオン をクリックします。
  3. 左のメニューの「PROJECT CONFIGURATOR」セクションで、プロジェクトのエクスポート をクリックします。開いたページで、ロードする設定ファイルを指定し、いくつかのインポート オプションを選択できます。

    このページには、フォームといくつかの要素が表示されます。

      • (過去にインポートを開始したことがない場合のみ) 構成をインポートする前の警告についてのお知らせ
      • インポートする XML ファイルを選択できるボタン
      • 有効化できるその他のいくつかのインポート オプション
      • インポート中に無視するよう選択できるオブジェクト タイプのリスト

  4. ファイルを選択をクリックして、ステージングからエクスポートした XML ファイルを選択します。変更を適用ラジオ ボタンがクリアされたことを確認します。これにより、変更をロードせずにシミュレーションを実行できます。
  5. いくつかのインポート オプションを選択します。
     

    こちらで各インポート オプションについて読むこともできますが、最初にほとんどの事例でどのように使用されているかを見てみましょう。

    • 他のプロジェクトを作成する - 通常、スマート カスタム フィールド コンテキストと オプションの無効化を選択した場合、このオプションは有効化されます。
    • スマート カスタム フィールド コンテキスト - 本番環境インスタンスに、それらを使用する大量のカスタム フィールドやプロジェクトがあり、新しい設定を他のプロジェクトに影響させたくない場合にこのオプションを有効化します。カスタム フィールドをステージングと全く同じに設定したい場合は、このオプションを無効化します。
    • 下書きを公開してみる - ほとんどのユーザーは、ワークフローの新しいバージョンおよびワークフロー スキームをアドオンが自動的に公開するよう、このオプションを有効化します。
    • ダッシュボードやフィルターでエラーが見つかっても続行する - 管理者/開発チームで管理されない (ユーザーによって管理される) 大量のフィルターやダッシュボードをインポートする際は、このオプションを有効化します。そうでない場合は無効化できます。


  6. ページの一番下にあるプロジェクト設定のインポートをクリックします。これにより、シミュレーションされたロードが起動します。次に、ページと結果が表示されます。

  

このページは、設定ファイルをインポートした後、本番環境インスタンスで実行される、すべての操作のシミュレーションを示します。これはシミュレーションにすぎないため、これらの変更はいずれも実際には適用されていません。この情報を確認し、変更が期待に沿っていることを確認します。

すべて問題ければ、実際のインポートを開始できます。プロジェクト設定のインポート ページに戻ってもう一度 XML ファイルを選択し、変更の適用オプションを有効化します。最期に、ページの一番下にあるプロジェクト設定のインポートをクリックします。本番環境インスタンスに適用されたすべての変更のトレースを示す、同様の結果ページが表示されます。



💕 ご意見をお寄せください

フィードバック

最終更新日: 2018 年 9 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.