別のサーバーへの Jira アプリケーションの移行

このドキュメントでは、異なるサーバー ハードウェアや次のような異なるサーバー環境で Jira アプリケーションの移行やアップグレードを行う手順を説明します。

  • Jira アプリケーションを実行するオペレーティング システムの変更
  • インデックスや添付ファイルの保存場所が変わる
  • Jira アプリケーションのデータを格納するデータベースまたはデータベース システムの変更


他のサーバーへの Jira の移行

Jira を新しいサーバーまたは場所へ移行するには、新しい Jira インスタンスをインストールする必要があります。インストールが完了したら、データベース間で既存のデータを移行してから、ホーム ディレクトリとすべての既存設定を移動します。 

1. バックアップ

  1. データベースの XML バックアップを作成します 。

    手順について

    Jira の UI で XML バックアップを作成できます。データベースの一貫性を保つため、ユーザーに変更を停止するよう依頼してください。


    a. ユーザーに Jira のデータの更新の中断を依頼する

    b. XML バックアップを実行する

  2. インストール ディレクトリホーム ディレクトリのバックアップを作成します。

    ホーム ディレクトリの場所が不明な場合

    ホーム ディレクトリの場所は <installation-directory>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/jira-application.properties ファイルに記載されています。


    既定のパス:

    Windows: C:\Program Files\Atlassian\Application Data\JIRA

    Linux: /var/atlassian/application-data/jira

  3. バックアップが完了したら、新しいインストールで使用するホーム ディレクトリのコピーから <home-directory>/dbconfig.xml ファイルを削除します。これにより、Jira が新しいデータベースに接続できるようになります。

2. Jira のダウンロード

zip または tar.gz アーカイブをダウンロードします – Jira Core または Jira Software

3. ファイルの抽出と Jira のアップグレード

  1. ファイルを新しいディレクトリに展開 (解凍) します。

  2. <installation-directory>\atlassian-jira\WEB-INF\classes\jira-application.properties  ファイルを編集して、既存の Jira ホーム ディレクトリを指すようにします。dbconfig.xml ファイルを削除済みであることを確認します。削除されていない場合、Jira は既存のデータベースへの接続を試みます。

  3. 既存の Jira インストール ディレクトリから新しいインストール ディレクトリjira-atlassian/WEB-INF/lib に、jdbc ドライバの jar ファイルをコピーします。

  4. 以下のような場合は追加ステップを実施する必要があります: 

      • ユーザーの管理にCrowdを使用している場合

        ここをクリックして展開...

        ユーザー管理に Crowd を使用している場合、既存のインストール ディレクトリの下記のファイルへの変更を新しいインストール ディレクトリのファイルに反映する必要があります。ファイルをコピーしないでください (ファイルは Jira の新しいバージョンでは異なる場合があります)。

        • <Installation-Directory>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/osuser.xml (4.3.0 and earlier)

        • <Installation-Directory>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/crowd.properties
        • <Installation-Directory>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/seraph-config.xml

4. Jira を起動してデータベースに接続する

  1. Jira を起動してセットアップ ウィザードを開始します。<installation-directory>/bin に移動し、start-jira.sh / start-jira.bat ファイルを実行します。
  2. ブラウザから Jira にアクセスして、[自分でセットアップする] を選択し、セットアップ オプションにアクセスします。
  3. 独自のデータベース を選択し、新しい空のデータベースの詳細を入力します。
  4. データのインポート をクリックして、XML バックアップでファイルを選択します。

    特に Jira インスタンスが非常に大きい場合、プロキシ サーバ経由で XML ファイルの復元を実行しないようにしてください。プロキシ サーバを使うと、タイムアウト エラーが起こる場合があります。
  5. すべてのプロジェクトと課題がインポートされていて、すべての機能が正常に動いていることを確認します。ページのフッター部分に Jira の新しいバージョンが表示されます。

移行後

5. 変更の再適用

Jira をカスタマイズ済み (server.xml ファイルでの SSL 設定、setenv.sh / setenv.bat ファイルでの追加メモリ割り当てなど) の場合、新しくアップグレードされた Jira のインストール ディレクトリの関連ファイルにカスタマイズを再度適用する必要があります。

手順について

その他の設定やカスタマイズ (server.xml ファイル内のその他の変更を含む) はアップグレード時に移行されないため、手動で再適用する必要があります。

  1. アップグレードされた Jira インスタンスを停止します。
  2. 関連するファイルへのカスタマイズを、アップグレードされた Jira インストール ディレクトリ に再適用します。
  3. アップグレードした Jira インスタンスを再起動します。

Jira への変更によってカスタマイズが使用できない可能性があるため、本番インスタンスでアップグレードを実施する前に、テスト インスタンスでカスタマイズのテストを実施することを強く推奨します

重要なファイルのリストを表示する...

変更が行ったファイルが不明な場合、Jira インストール ディレクトリの重要なファイルのリストをご覧ください。

トラブルシューティング

問題が発生した場合

サポート ページのリソースを確認するか、問題解決をお手伝いできるよう、課題を起票してください。

既存の Jira インストールは影響を受けていないため、それを再起動して作業を再開できます。

最終更新日 2018 年 8 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.