JMX インターフェイスを使用したライブ モニタリング

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

この記事は、JMX クライアントで監視するために、Jira 内の JMX MBeans を表示する方法について説明します。

このガイドは、JMX インターフェースの基本的な概要を紹介します。内容は現状のまま提供されるものとします。弊社のサポート チームは、特定の Jira の問題のトラブルシューティングをサポートできますが、監視システムのセットアップや、結果の解釈についてはサポート対象外となります。

JMX とは何か

JMX (Java Management Extensions) は、Java アプリケーションを監視及び管理するための技術です。JMX は、MBeans (Managed Beans) と呼ばれるオブジェクトを使用して、アプリケーションからデータやリソースを表示します。Jira Server または Jira Data Center の大きなインスタンスでは、JMX を有効化することで、アプリケーション リソースの消費量をより簡単に監視できるようになります。これにより、マシン リソースの保持/最適化方法について、より優れた判断を行えます。

Jira によって収集されるメトリック

次のテーブルは、Jira が収集するメトリック (MBeans) を示します。これらはすべて、com.atlassian.jira プロパティにグループ化されます。

メトリック 説明 Jira 起動後にリセット
dashboard.view.count

すべてのダッシュボードがユーザーによって閲覧された回数。

はい
entity.attachments.total 添付ファイルの数。 -
entity.components.total コンポーネントの数。 -
entity.customfields.total カスタム フィールドの数。 -
entity.filters.total フィルターの数。 -
entity.groups.total ユーザー グループの数。 -
entity.issues.total 課題の数。 -
entity.users.total ユーザーの数。 -
entity.versions.total 作成されたバージョンの数。 -
issue.assigned.count

課題がユーザーに割り当てられた/再割り当てされた回数 (各操作をカウント)。

はい
issue.created.count

Jira インスタンス起動後に作成した課題の数。

はい
issue.link.count

Jira インスタンス起動後に作成した課題リンクの数。

はい
issue.search.count

課題の検索回数。

はい
issue.updated.count

更新された課題の回数 (情報の追加または変更後の各更新)。

はい
issue.worklogged.count

課題で作業を記録した回数。

はい
jira.license 所有しているライセンスのタイプ、アクティブ ユーザーの数、および各ライセンス タイプで利用可能なユーザーの最大数。 -
quicksearch.concurrent.search

リアルタイムで実行されているクイック検索の同時検索数です。これを使用すると、同時検索に設定した制限が十分かどうかを判断できます。

はい
web.requests

リクエストの数 (invocation.count)、および合計応答時間 (total.elapsed.time)。

はい

Jira の監視

Jira を監視する前に、JMX の監視を有効化してから、JMX クライアントを使用してメトリックを表示する必要があります。

考慮事項

メトリックの閲覧は常に、Jira にパフォーマンス上の影響を与えます。更新は 1 秒に 1 回未満にすることをお勧めします。

Jira で JMX 監視を有効化する

既定ではすべてのメトリックが収集されますが、それらを公開するには JMX 監視を有効化する必要があります。これは Jira で実行できますが、Jira 管理者である必要があります。

  1. Jira で、 > [システム] > [JMX の監視] へ移動します。
  2. JMX 監視の有効化を切り替えます。

JConsole を使って監視する

JMX 監視を有効化した後、任意の JMX を使用してメトリックを表示できあす。これを素早く簡単にするため、JConsole を使用して表示する方法について説明しました。Jira インスタンスはローカルまたはリモートで監視できます。

  • 特定の課題のトラブルシューティングを行う場合や、Jira を短期間のみ監視する必要がある場合は、Jira をローカルで監視できます。ローカル監視はサーバーのパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、本番システムの長期的な監視にはお勧めしません。

    手順について

     ローカルに監視するには:

    1. JConsole を起動します (JDK インストール ディレクトリの bin ディレクトリにあります)。
    2. ローカル プロセス を選択します。
    3. Jira プロセスを選択します (org.apache.catalina.startup.Bootstrap start など)。
    4. 接続後、すべてのメトリックをグループ化する com.atlassian.jira プロパティを展開します。

    ローカル監視の詳細については、JConsole の使用を参照してください。

  • JIRA のリモート監視 は、JIRA サーバーのリソースを消費しないため、本番環境システムにお勧めです。

    手順について

     リモートで監視するには:

    1. 以下のプロパティを setenv.sh / setenv.bat ファイルに追加します。ポートは未使用の任意のポートに設定できます。

      Windows...
      set CATALINA_OPTS=-Dcom.sun.management.jmxremote %CATALINA_OPTS%
      set CATALINA_OPTS=-Dcom.sun.management.jmxremote.port=8099 %CATALINA_OPTS%
      Linux...
      CATALINA_OPTS="-Dcom.sun.management.jmxremote ${CATALINA_OPTS}"
      CATALINA_OPTS="-Dcom.sun.management.jmxremote.port=8099 ${CATALINA_OPTS}"
      export CATALINA_OPTS
    2. リモート接続の保護方法を決定します。詳細は、リモート監視と管理 を参照してください。
      認証を無効化することは可能ですが、本番環境システムではお勧めしません。
    3. JConsole を起動します (JDK インストール ディレクトリの bin ディレクトリにあります)。
    4. リモート プロセス を選択します。
    5. ホスト名とポートを (Jira ポートではなく、以前に指定したポート) を入力します。
    6. 接続 をクリックします。
    7. 接続後、すべてのメトリックをグループ化する com.atlassian.jira プロパティを展開します。

    リモート監視の詳細については、JConsole の使用を参照してください。

最終更新日: 2018 年 12 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.