課題リンクの設定

課題のリンクについて

課題をリンクする と、 同じまたは別の Jira サーバー上にある課題の関連付けを作成することができます。例えば、課題が他のものと重複していたり、解決状況が他の課題に依存していたりすることがあります。Jira の新しいインストールではリンクのデフォルトタイプが 4 つあります。

  • 関連している / 関連付けられている
  • 重複 / 重複している
  • ブロックしている / ブロックされている
  • クローン / のクローン

課題をリンクする ことで、以下のことも可能になります。

  • Jira 課題と Confluence ページ間の関連付けを作成します。
  • Jira 課題を他の Web ページにリンクします。

下記のように、組織に合わせてリンクタイプを追加、編集、削除することができます。

(info) 注意:

  • ユーザーは課題をリンクさせる前に、課題リンク権限を持っている必要があります。
  • ユーザーが課題をリンクできるようにするためには、課題リンクが有効である必要があります。課題リンクはデフォルトで有効になっています。下記のように、組織が課題のリンクを必要としない場合、すべてのユーザーに無効にすることができます。
  • Jira の課題と、異なる Jira サーバーまたは Confluence ページをリンクさせたい場合、「外部アプリケーションで課題のリンクを設定する(下記)」の詳細な設定方法を参照してください。
  • 次のすべての手順を行うには、 Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

リンクタイプを追加する

  1. > [課題] を選択します。
  2. 課題の機能 > 課題リンクを選択し、課題リンクページを開きます。
  3. ページの最後にある「新しいリンク タイプの追加」フォームに:
    • 名前のフィールドに「課題原因」になる名前を入力します。
    • 外部リンクの説明テキストフィールドに「の原因となる」と入力します。
    • 内部リンクの説明テキストフィールドに「を原因とする」と入力します。
  4. 追加ボタンをクリックします。
  5. 原因のリンクタイプをリストするセクションの課題のリンクページに戻ります。

スクリーンショット:管理画面の「課題リンク」ページ


リンクタイプを編集、または削除する

(info)これはクローンされた時に自動的に問題をリンクするために使われるので、クローンのリンク・タイプの編集や削除は行わないことを推奨します。

  1. > [課題] を選択します。
  2. 課題の機能 > 課題リンクを選択し、課題リンクページを開きます。
  3. 編集または削除するリンクタイプを探し、リンクタイプに関連した、オペレーションカラムにて編集 / 削除のリンクにアクセスします。

外部アプリケーションとの課題リンクを設定する

リモートの Jira インスタンスや Confluence インスタンス (Confluence バージョン 4.0 以降) のページで、課題へのリンクを作成出来ます。これを行うには、Jira インスタンスとリモート の Jira または、Confluence インスタンス間で完全なアプリケーション リンクを作成します。これは次のようなものです。

  1. アプリケーションへのリンクは、各サーバー同士で設定します。
  2. 各アプリケーションへのリンクは受信認証と送信認証の両方の設定をサーバーごとに持っている必要があります。

Jira インスタンスとリモート Jira または Confluence インスタンス間でアプリケーションへの完全相互リンクを作成する手順

  1. Jira システム管理者」 グローバル権限を持つユーザーとしてログインします
  2. リモート Jira または Confluence インスタンスへのアプリケーション リンクを作成します (「他のアプリケーションとの連携にアプリケーション リンクを利用する」をご参照下さい)。リンクの作成時には次の点に留意します。
    1. ウィザードのステップ 2 で、リモートサーバーからご利用のサーバーに戻るリンクを作成するために選択したオプションを確認します。
    2. ウィザードのステップ 3 で、サーバー同士が完全に信頼しているオプションを選択します。これにより受信認証および送信認証がアプリケーションリンクに各サーバーで設定されていることを確認します。
  3. Jira インスタンスと Confluence インスタンスの間でアプリケーションへの完全相互リンクを設定した場合、Confluence インスタンスのシステム管理者がリモート API (XML-RPC & SOAP) 機能を有効にしていることを確認します。この Confluence 機能はデフォルトでは無効になっています。詳細は、Confluence ドキュメントの「リモート API を有効にする」を参照して下さい。
    (warning) この機能を有効にしない場合、Jira は Confluence と通信できず、ユーザーには次のような影響があります。
    1. Jira の課題に作成した Confluence Wiki ページのリンクに読み込みに失敗しましたというメッセージが表示されます。
    2. Confluence の検索ページのダイアログボックスを使って、Confluence ページの検索が出来ません。

(warning)注意: Jira インスタンスから リモート Jira インスタンスまたは Confluence インスタンスには、一方向のアプリケーション リンクを作成することができます。ただし、ユーザーがリモート リンクを作成する際にいくつかの機能が利用できなくなります。例えば、ユーザーがリモート Jira 課題へのリンクを作成する場合、[リンク] ダイアログ ボックスの [受信リンクの作成] チェック ボックスが正しく機能しません。このため、完全相互リンクを設定することをおすすめしいます。

課題リンクの無効化


  1. > [課題] を選択します。
  2. 課題の機能 > 課題リンクを選択し、課題リンクページを開きます。
  3. 課題がリンクしているかどうかを示すステータスメッセージが有効化されます。課題のリンクが有効であれば、非アクティブ化ボタンをクリックします。課題リンクページを再読み込みすると、リンクが無効になります。

「課題表示」ページに表示される、リンクされた課題の表示順の設定

Jira システム管理者は、"課題の表示" ページの [課題リンク] セクションでのリンクされた課題の表示順序を定義できます。これを行うには、Jira の [高度な設定] ページで jira.view.issue.links.sort.order プロパティの値を編集します。

課題を検索したいフィールドを特定します。「課題リンク」セクションで、カンマ区切りリスト内の各フィールドに対応する適切な「値」を入力して、「問題表示」ページのこのプロパティは、 Jira クエリ言語(JQL )のキーワード「 ORDER BY」の後に特定される値リストと同じ行動を行うため、リスト内で特定されたフィールドを順番に検索します。

jira.view.issue.links.sort.order プロパティでは、"キー"、"タイプ"、"ステータス"、"優先度"、"解決状況" の個々のフィールド値が許可されます。

最終更新日 2018 年 8 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.