Jira アプリケーションの監査

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira アプリケーションの監査について

Jira アプリケーションの監査機能により、主要行動のトラッキングを実行出来ます。これらの行動は監査ログで記録され、JIRA 管理コンソールで表示します。この機能は、Jira  アプリケーションで発生した問題の診断や、セキュリティーをサポートする便利なツールです。

Jira アプリケーションは、以下の情報を監査します。

  • 一般設定
  • LDAP 同期
  • ユーザー管理
  • グループ管理
  • 課題タイプの変更
  • プロジェクトの変更
  • ボードの変更
  • スプリントの変更
  • 権限の変更
  • ワークフローの変更
  • 通知スキームの変更
  • 画面の変更
  • カスタムフィールドの変更
  • ワークフローの変更

このページの内容

上記からわかるように、監査ログは Jira アプリケーション内のすべての活動を記録することを意図したものではありません。例えば、課題の更新やユーザの表示したページを追跡をすることはしません。むしろ、監査ログはユーザやプロジェクトに影響を与える可能性がある構成の変更を記録するためのものです。Jira アプリケーションによって記録されるイベントの完全なリストは以下になります。

監査ログの表示

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします
  2. > [システム] > [監査ログ] を選択します。
  3. 以下のイベントが監査されます。

    カテゴリイベント
    監査監査の有効化、監査の無効化
    一般設定構成オプションの変更 (現在は「未割り当ての課題を許可する」オプションに対する変更を追跡します)
    LDAP 同期LDAP 同期
    ユーザー管理ユーザーの追加、削除、変更
    グループ管理グループの追加、グループの削除、グループへのユーザー追加、グループからのユーザー削除
    課題タイプの変更課題タイプの作成
    プロジェクトの変更プロジェクトの作成、プロジェクトの削除、プロジェクトの更新
    ボードの変更ボードの作成、ボードの削除
    スプリントの変更スプリントの削除
    権限の変更スキームの作成、スキームの複製、スキームの削除、スキームの編集、プロジェクトへのスキーム割り当て、プロジェクトからのスキーム割り当て解除、スキームへの権限追加、スキームからの権限削除、グループへのグローバル権限追加、グループからのグローバル権限削除
    ワークフローの変更スキームの作成、スキームの複製、スキームの削除、スキームの編集、プロジェクトへのスキーム割り当て、プロジェクトからのスキーム割り当て解除、ワークフローの作成、ワークフローの複製、ワークフローの削除、ワークフローの名称変更、ワークフローの下書き公開
    通知の変更スキームの作成、スキームの複製、スキームの削除、スキームの編集、プロジェクトへのスキーム追加、プロジェクトからのスキーム削除、スキームへの通知追加、スキームからの通知削除
    画面の変更スキームの作成、スキームのコピー、スキームの削除、スキームの編集、プロジェクトへスキームを追加、プロジェクトからスキームを削除、スキームへ画面を追加、スキームから画面を削除、画面項目設定の変更
    カスタムフィールドの変更カスタム フィールドの作成、カスタム フィールドの更新、カスタム フィールドの削除、プロジェクトへのスキーム追加、プロジェクトからのスキーム削除
    ワークフローの変更ステータスの追加、ステータスの更新、ステータスの削除、トランジションの追加、トランジションの更新、トランジションの削除

メモ:

  • 監査ログはソートできません。データを操作するには、データをエクスポートし、スプレッドシートで開きます。

外部ディレクトリのユーザー イベント(LDAP/クラウド イベント)非表示化

既定では、記録されたすべてのイベントが監査ログに表示されます。しかし、外部ディレクトリのユーザー イベント(LDAP またはクラウドによってトリガーされたイベント)は非表示化できます。これらのイベントは引き続き記録され、エクスポートも可能です。

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします
  2. > [システム] > [監査ログ] を選択します。
  3. 操作 > 監査ログの設定 を選択します。
  4.  「外部ユーザーディレクトリのイベントを非表示にする」のチェックボックスにチェックを入れます。

監査ログの保存期間の変更

監査は Jira アプリケーション内で常に有効です。しかし、監査イベントを保存する期間を設定することができます。

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします
  2. > [システム] > [監査ログ] を選択します。
  3. 操作 > 監査ログの設定 を選択します。
  4. 保存期間を選択します。

監査ログのエクスポート

監査ログをテキスト ファイルとしてエクスポートできます。監査ログをエクスポートする際、現在、ページ内で監査ログ結果をフィルタリングしている場合でも、エクスポートにはすべてのイベントが含まれます。

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします
  2. > [システム] > [監査ログ] を選択します。 
  3. エクスポート を選択します。

監査と REST API

REST API を使用して監査ログにアクセスすることも可能です。この方法によって、次のことが可能となります。

  • 監査ログのエクスポート
  • 外部プラグインによってトリガーされたイベントを監査ログに追加すること

REST API の使用に関する詳細については、ここの開発者向けドキュメント内で、適切なバージョンの Jira 用の Jira REST ドキュメントを参照してください 。

最終更新日 2018 年 8 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.