AWS で Jira Data Center の使用を開始する

Jira Data Center は AWS (Amazon Web Services) 環境に最適です。AWS では、追加のノードをリサイズおよびすばやく起動することでデプロイメントを柔軟にスケーリングできるだけでなく、Jira Data Center ですぐに動作する多数のマネージド サービスを利用し、あらゆる設定やメンテナンスを自動で処理できます。

Jira Data Center で利用できる機能に興味をお持ちの場合、こちらをクリックして概要をご確認ください。


AWS Quick Start を使用した Jira Data Center のデプロイ

AWS に Data Center クラスタ全体をデプロイする最も単純な方法は、クイック スタートを使用することです。Quick Start は、AWS のセキュリティと可用性のためのベスト プラクティスを使用して、AWS 上に特定のワークロードをデプロイするのに必要な AWS コンピュータ、ネットワーク、ストレージ、およびその他のサービスを、起動、設定、および実行します。

Quickstart では 2 つのデプロイメント オプションが提供され、それぞれが独自のテンプレートを持ちます。1 つめのオプションは、Atlassian Standard Infrastructure (ASI) をデプロイし、この ASI に Jira Software または Jira Service Desk Data Center をプロビジョニングします。2 つめのオプションは、既存の ASI への Jira Software または Jira Service Desk Data Center のデプロイのみを行います。

Atlassian Standard Infrastructure (ASI)

The ASI is  a virtual private cloud (VPC) that contains the components required by all Atlassian Data Center applications. For more information, see Atlassian Standard Infrastructure (ASI) on AWS.


以下は、Jira Data Center の Quick Start アーキテクチャの概要です。

デプロイメントは、以下のコンポーネントで構成されています。

  • インスタンス/ノード。Jira を実行している、クラスタ ノードとしての 1 つ以上の Amazon Elastic Cloud (EC2) インスタンス。
  • ロード バランサ。ロード バランサおよび SSL Termination リバース プロキシの両方として機能する Amazon Elastic Load Balancer (ELB)。
  • Amazon EFS ホスト: 複数の Jira ノードにアクセス可能な共通の場所にアーティファクトを保存する、共有ファイル システム。Quick Start アーキテクチャでは、高可用性構成の Amazon Elastic File System (Amazon EFS) サービスを使用して、共有ファイル システムを実装します。
  • データベース。共有データベースとしての Amazon Relational Database (RDS) インスタンス。
  • コードおよびリポジトリ検索用の Amazon Elasticsearch Service ドメイン。

For more information, see Jira products on AWS.


関連ページ:

最終更新日: 2019 年 2 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.