Jira アプリケーションの拡張

Jira は非常に柔軟で、Jira のデータに対するクエリ実行や JIRA の機能拡張が可能となる、拡張ポイントをいくつか備えています。このページでは、Jira の拡張のために利用可能なメカニズムの概要を説明します。

(info) Jira アドオン: 既存のアドオンのインストールまたは有効化に関する詳細は、「アドオンの管理」ドキュメントを参照してください。独自のアドオンを作成する方法の詳細は、「Atlassian Plugin SDK でアドオンを開発する」を参照してください。

Jira などのアトラシアン アプリケーションのアーキテクチャに接続されるアドオンはプラグインと呼ばれることがありますが、「プラグイン」と「アドオン」という用語は区別しないで使用されることがよくあるため、注意してください。

カスタムフィールドタイプ

Jira は定義済みの多様なカスタムフィールドタイプを備えています。新しいタイプを記述して Jira にプラグインすることも可能です。詳細は、「新しいカスタムフィールドタイプの作成方法」チュートリアルを参照してください。

ユーザーフォーマット

Jira にはシステムの機能の ルック アンド フィールを変更する多くのオプションがあります。ユーザー フォーマットはアドオンによってカスタマイズできる機能です。独自のユーザー フォーマット アドオンを記述して、プロファイル画像の表示など、Jira 内のユーザー詳細の表示方法を変更できます。詳細は、「ユーザー フォーマット プラグインモジュール」を参照してください。

ガジェット

XML 記述子ファイルを記述し、アトラシアンプラグインとしてパッケージ化することにより、新しいガジェットを作成できます。詳細は、チュートリアルの「Jira のガジェットを記述する」を参照してください。

レポート

Jira は、多様なレポートを標準装備しています。プラグインシステムを使用することで、JIRA のデータの表示や要約を新しい方法で提供する新しいレポートを作成できます。

ワークフローの機能と条件

Jira の課題ワークフロー(課題が通過する状態と状態のトランジション)は、Web インターフェイスを介してカスタマイズできます(ワークフロー ドキュメントを参照)。ワークフロー エンジンによって、ユーザー自身の操作に対してプラグイン可能なフックが提供されます。

  • 特定のトランジションが生じると、事後操作で任意のJAVA を実行します。
  • トランジションの可視性を条件により特定のユーザーに限定します。
  • バリデーターを介してトランジション画面で入力を検証します (コメント入力時など)。

ワークフローの事後操作、条件、およびバリデーターに関する詳細は、「ワークフローで作業する」を参照してください。作成後、これらをプラグインとしてパッケージ化して再使用することができます。

課題とプロジェクト

「課題の表示」ページでは、一部の課題情報 (コメント、変更履歴) が表示されます。 同様に、「プロジェクトの閲覧」ページには左端に、様々なタイプのプロジェクト情報のために独立したセクションがあります。

プラグインを記述することによって、新しい課題またはプロジェクトのセクションを JIRA に追加できます (左パネルにリストされます) 。たとえば、外部ソースからプルインしたプロジェクト/課題のデータを表示したい場合があります。Jira Subversion プラグインはこのように作動します。

リスナー (Jira Cloud アプリケーションでは設定不可)

Jira は、アクションを受けてイベントをトリガーする完全なイベント サブシステムを備えています。たとえば、課題が作成されると ISSUE_CREATED イベントが発生します。リスナーは JiraListener インターフェイスを実装するクラスで、Jira でイベントが発生すると呼び出されます。これらのイベントを使用して任意のアクションを実行できます。たとえば、Jira が送信したメールは MailListener によって駆動されます。これは、Jira 内で発生するイベントにより外部システムを駆動したり、外部システムに影響を与えたりしたい場合に便利です (多くの場合、外部システムにデータをプッシュするために使用されます)。詳細は、リスナーのドキュメントを参照してください。

サービス

サービスは、JiraService インターフェイスを実装するクラスです。サービスのインストール時に更新期間を指定することで、Jira はサービスの run() メソッドを定期的に呼び出すようになります。例として、POPCommentService があります。このサービスは特定の POP メールボックスを定期的に確認し、メッセージがある場合は件名から課題キーの抽出を試みます。件名にキーが含まれている場合、メール本文がメッセージへのコメントとして追加されます。サービスは、外部システムのデータを Jira に定期的にプルしたい場合に便利です。詳細は、サービスのガイドを参照してください。



最終更新日 2018 年 7 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.