ゼロ ダウンタイム アップグレードの FAQ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ゼロ ダウンタイム アップグレード (ZDU) について質問がありますか? アップグレードを円滑に進められるよう、よくある質問をまとめました。





サポート対象バージョン

Jira Software Server (スタンドアロン) をゼロ ダウンタイム アップグレードでアップグレードできますか?

いいえ。ゼロ ダウンタイム アップグレード (ZDU) はエンタープライズ版の Jira である、Jira Software Data Center および Jira Service Desk Data Center のバージョン 7.3 以降でのみ利用可能です。

Jira 7.3 から、7.6 や 7.13 などのエンタープライズ リリースに直接アップグレードできますか?

はい、7.x 系などの同じプラットフォーム リリースである場合、7.3 よりあとの任意の Jira バージョンにアップグレードできます。

複数のフィーチャー リリース バージョンをスキップする場合 (例: 7.3 から 7.6 へ)、ステージング環境でアップグレードをテストしてください。アトラシアンではすべてのリリースで、前のバージョンから現在のバージョンへのアップグレードをテストしています (単一のフィーチャー リリース バージョンのアップグレードのみ)。ただし、ゼロ ダウンタイム アップグレード (ZDU) には、アップグレード中の複数のバージョンのスキップを禁止するような制約はありません。

エンタープライズ リリース間でのアップグレードはできますか (7.6 から 7.13)?

はい、7.x 系などの同じプラットフォーム リリースである場合、7.3 よりあとの任意の Jira バージョンにアップグレードできます。

複数のバージョンをスキップする場合 (例: 7.3 から 7.6 へ)、ステージング環境でアップグレードをテストしてください。すべてのリリースですべてのアップグレードの組み合わせをテストすることはできないため、アトラシアンでは前のバージョンから現在のバージョンへのアップグレード (単一のバージョンののアップグレードのみ) をテストしています。ただし、ゼロ ダウンタイム アップグレード (ZDU) には、複数のバージョンのスキップを禁止するような制約はありません。

Jira プラットフォーム リリース間のアップグレード (7.x から 8.x) はできますか?

いいえ。ゼロダウンタイム アップグレード (ZDU) はプラットフォーム リリース間 (例: 7.x ラインと 8.x ライン間など) のアップグレードをサポートしていません。

これは、プラットフォーム リリースには Jira の動作に関する根本的な変更が含まれており、通常のアップグレードが必要となるためです。新しいプラットフォーム ラインに移行すると、ゼロ ダウンタイム アップグレードを使用してこのプラットフォームのフィーチャーおよびバグ修正リリースにアップグレード (例: 8.0 から 8.1) できるようになります。

プラットフォーム、フィーチャー、およびバグ修正リリースの違いの概要は次のとおりです。


データベース

ゼロ ダウンタイム アップグレードを使用してアップグレードする前に、データベースをバックアップする必要がありますか?

はい。他のアップグレード方法と同様に、アップグレード前に、可能であればデータベースのネイティブ ツールを使用して、データベースを必ずバックアップする必要があります。

アップグレードが失敗した場合、以前のバージョンにロールバックできますか? データベースの変更はどうなりますか?

はい、アップグレードを確定 (アップグレード プロセスの最後の手順) するまでは、任意の時点で元のバージョンにロールバックできます。

データベースでは、最初のノードがアップグレードされるとデータベース スキーマが更新されます。この変更は戻りません。ただし、スキーマの変更には下位互換性があり、以前のバージョンで動作するため、これが問題になる可能性は低いと考えています。

ノード

1 つのノードをアップグレードし忘れた場合、そのノードを ZDU の確定後にクラスタに参加させるとどうなりますか?

アップグレードの確定後、アップグレードされていないノードはクラスタに参加できず、起動時にロックされます。このような場合、ノードをシャットダウンしてアップグレードし、残りの Data Center クラスタに再度参加させることができます。

パフォーマンス

ゼロ ダウンタイム アップグレード時、Jira のパフォーマンスには影響がありますか? ピーク時間中にアップグレードを実行できますか?

アップグレード中、各ノードは (1 つずつ) シャットダウンされ、アップグレードされて、再度起動されます。特定のノードが利用できなくなると、トラフィックと負荷は残りのノードにシフトされるため、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。ゼロ ダウンタイム アップグレードは、ピーク トラフィック時間とはずらしてスケジューリングすることをおすすめします。ただし、ZDU を使用してアップグレードを実行する場合、サービスの継続的な提供を期待できます。


再インデックス

ゼロ ダウンタイム アップグレード (ZDU) では、アップグレード後にインデックスの再作成が自動的にトリガーされますか?

いいえ。ゼロ ダウンタイム アップグレード (ZDU) がサポートされているフィーチャー リリースおよびバグ修正リリースの新しいバージョンには、インデックスの自動的な再作成が必要な変更は導入されません。

アプリ

アップグレード中、アプリには何が起きますか?

Jira Data Center クラスタをアップグレードしたあとに、アプリを個別にアップグレードすることをお勧めします。

ゼロ ダウンタイム アップグレード中、Jira は元のバージョンの Jira を実行しているノードですべてのアプリを停止します。つまり、アップグレード時にアプリをアップグレードする場合も、まだアップグレードされていないすべての Jira ノードでは、古いバージョンのアプリが継続して実行されます。特定のノードをアップグレードすると、アップグレードされた互換性のあるアプリがすぐに取得されます。

アプリ開発者向けの詳細が必要な場合は、こちらを参照してください。

トラブルシューティング

アップグレードが失敗した場合、以前のバージョンにロールバックできますか? データベースの変更はどうなりますか?

はい、アップグレードを確定 (アップグレード プロセスの最後の手順) するまでは、任意の時点で元のバージョンにロールバックできます。

データベースでは、最初のノードがアップグレードされるとデータベース スキーマが更新されます。この変更は戻りません。ただし、スキーマの変更には下位互換性があり、以前のバージョンで動作するため、これが問題になる可能性は低いと考えています。

ZDU 関連のオープンな不具合一覧はありますか?

はい。当社の公開 Jira インスタンスで、ZDU に影響を与える可能性がある不具合を追跡しています。これらには affects-zdu というラベルが設定されています。こちらから確認できます。

最終更新日 2019 年 8 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.