テスト移行を実行する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プロジェクトを元のターゲット インスタンスに移行する前に、Jira のコピーとなるステージング環境を確立し、移行をテストすることができます。 

はじめる前に

移行のテスト用にステージング環境を作成します

インポート

When migrating complete projects, by default Project Configurator provides the option to download your ZIP file straight from your downloads folder (this feature is available since version 3.0.5). 

Follow these steps:

  1. Log in to Jira as an administrator, go to the Project Configurator menu in the app page, and click Import projects.
  2. In the Project File field, click Browse and upload your ZIP file. 

Alternatively, you can switch to the Server Upload by clicking the Switch to server upload link and follow these steps:


  1. テスト インスタンスで <Jira-home-directory>/import に移動し、projectconfigurator という名前のディレクトリを作成します。
  2. エクスポートされた ZIP アーカイブを projectconfigurator ディレクトリにコピーします。
  3. 管理者として Jira にログインし、アドオン ページに進んでから、[完全なプロジェクトのインポート] をクリックします。
  4. 「プロジェクト ファイル」フィールドに、エクスポートした ZIP アーカイブの名前を入力します。.zip 拡張子を含めるようにしてください。
  5. 設定インポートのシミュレーションを最初に実行するを選択します。 
  6. Click Import complete project.
  1. Select Run first a simulated configuration import.
  2. Click Import complete project.

以下の画像は、完全なプロジェクトをインポートするための関連オプションを示しています。



インポート オプション


既定の値はほとんどの環境に十分です。ただし、他のオプションを確認したい場合は、次の定義をご覧ください。

  1. 設定インポートのシミュレーションを最初に実行する - 推奨されるオプション。設定に対する変更を適用する前に確認することができます。
  2. Create other projects - this option will create any additional projects that are needed by custom field configuration contexts.
  3. スマート カスタム フィールド コンテキスト - ソース インスタンスの一部のカスタム フィールドに、ターゲットに既に存在する別のカスタム フィールドと同じタイプと名前がある場合はこのオプションを有効化します。詳細は、「スマート カスタム フィールド コンテキスト」を参照してください。
  4. Continue on errors found in dashboards and filters – often, users create and maintain filters and dashboards without any supervision or help from the administrators. If that's the case for your team, enable this option, so that the migration process skips any inconsistencies or errors in the configuration of filters and dashboard.
  5. Allow data import from different Jira versions - allows you to import from different versions of Jira. Eg if your source and target instance versions do not match.
  6. Skip - The multi select list labelled "Skip:" lets you select object types that will be ignored during the load. This means that, for example if you select "Groups", the plugin will not create or modify any group, leaving them as they were before the load.

See here for more detailed information about import options.


Simulated import report


This page shows a simulation of all operations that would be performed on the production instance after importing the zip file. Since it's only a simulation, none of these changes have actually been applied. Review this information, and check if the changes are aligned with your expectations.

You’ll find the report is presented in a tree-like structure. This gives you the ability to expand or collapse each section to see as much, or as little, information as you need about each of the import objects.

The new color coding scheme makes it really easy to distinguish what is due to happen to each object when the import is completed.

 To explain the tree legend in more detail:

  • Modifies existing objects
    • These are objects that already exist in the target Jira instance and will be modified during the real import.

  • Creates new objects
    • These objects don't exist yet in the target Jira instance, so they will be created during the import.
  •  警告
    • Yellow warnings show objects that you may want to pay attention to. However, these warnings will not disrupt your import.
    • If you do have any concerns over these objects, Project Configurator now provides the ability to deselect objects directly from the Simulated Import Report. As with skipping objects at the import settings page, this removes the need to repeat the export phase before importing again.
    • Once an object is deselected, it is recommended that you use the ‘Recalculate’ function to check those removed objects have no dependencies or negative consequences on other objects. 
  • エラー
    • Highlighted in red, these objects have something wrong with them and therefore will not be migrated into your target instance.
    • By skipping objects that have errors associated with them you’ll save significant time. Previously, if an error occurred, the import would have stopped mid import, requiring you to resolve any errors before re-running the import.
    • Now an import will continue, skipping those troublesome errors but still giving you full visibility of them in the final import report. From there you could resolve the errors, if required.


The final import


If everything is correct, you can launch the actual import by selecting 'Apply configuration'. Once the import has run you will see the final import report. This has the same format as the Simulated report making it easy for you to understand what changes were implemented.


ワークフローとワークフロー スキームの下書き


ほとんどの場合、Project Configurator は必要な下書きを自動的に作成して公開します。これはバックグラウンドで発生し、インポート トレースを調べない限り気付かないでしょう。

ただし、場合によっては、アドオンで下書きを公開できない場合があります。この理由としては、入力した内容で課題を新しいステータスにマッピングする必要がある場合や、新しいワークフローの構造が古いワークフローと互換性がない場合などがあります。アドオンは停止し、続行するには追加手順を実行する必要があります。詳細については、「下書きを公開のオプション停止」を確認してください。

Next stage - Stage 5 - Validating a test migration


最終更新日 2019 年 8 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.