Customizing Jira Service Management permissions

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

サービスデスク用に権限スキームをカスタマイズしたい場合、次のものをユーザーに付与することで、権限を付与してください。

  • 管理者には、管理者ロール
  • エージェントには、サービスデスクチームロール
  • カスタマーには、サービスデスク顧客 - ポータルアクセス セキュリティタイプ。 

グループまたは個別のユーザーに、ロールやセキュリティタイプではなく、権限を付与する場合、サービスデスクの一部の機能が使用不可にされる場合があります。

プロジェクトロール別の必須権限

If you choose to use custom permission schemes, the permissions in the following table are mandatory for the project roles in the typical service desk context. If you configure the permissions for the roles differently than shown in the table and run into problems, you can find the explanation of the problems and how you can fix them on Resolving Jira Service Management permission errors.

プロジェクトロール
必須権限
管理者

このプロジェクトロールには、サービスデスクの設定と管理を行うために、管理プロジェクトというプロジェクト権限が必要です。この権限により、ユーザーは、新規リクエストタイプの作成、新しいキューの設定、SLA の作成、およびレポートの生成などのサービスデスク機能を管理できます。

また、このプロジェクトロールには、他のユーザーが使用することになるすべての機能を確認できるように、サービスデスクの他のユーザーに付与されるすべての権限も付与する必要があります。

サービスデスクチーム
  • 課題の作成 (この権限により、ユーザーはカスタマーポータルで課題を作成することができます。)
  • プロジェクトの参照 (この権限により、ユーザーはサービスデスクプロジェクトのレポートピープル、および SLA の各タブに読み取り専用でアクセスできます。これに加えて、プロジェクトのカスタマーポータルにもアクセスできます。さらに、ユーザーはキュータブを表示して、キュー内から課題に取り組むこともできます。)
  • 課題の編集
  • 課題のスケジュール
  • コメントの追加
  • 添付の作成
サービスデスクのカスタマー

カスタマーの権限は、サービスデスクのカスタマー ロールではなく、サービスデスク顧客-ポータルアクセスというセキュリティタイプに付与される必要があります。これにより、カスタマーにカスタマーポータルのみ (Jira は不可) のアクセス権限を付与できます。セキュリティタイプは、カスタマーであるユーザーを判別するためにロールを読み取ります。

必須の権限:

  • 課題の作成(カスタマーは、カスタマーポータルからサービスリクエストを起票し、その依頼を確認することができます。)
  • プロジェクトの参照 (カスタマーは、カスタマーポータルでプロジェクトにアクセスできます。)
  • コメントの追加 ( カスタマーは自分のリクエストにコメントを追加できます。)

推奨される権限:

  • ファイルの添付(カスタマーは自分のリクエストに添付ファイルを追加することができます。)
  • 課題の割り当て (この権限は、作業する担当者フィールドに必須です。担当者フィールドはオプションの 非表示フィールド で、課題を自動的に特定のチームメンバーに割り当てます。)

Note: Jira will display a warning when you remove any of the permissions from the default scheme. In most cases, it will be a non-critical error (yellow), which doesn't affect how Service Desk works. If you removed the permissions on purpose, you can safely dismiss this warning, and it won't be shown again. You can read more about it in Resolving .

さらに、サービスデスクプロジェクトで 課題セキュリティスキーム を使用する場合、サービスデスクのユーザーが課題を表示できるように設定されていることを確認します。そのように設定されていない場合、カスタマーは課題を作成しても、作成後にその課題を表示できない可能性があります。「課題レベルセキュリティを設定する」を参照してください。

最終更新日 2020 年 11 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.