POP または IMAP メールサーバーからメールを受信するよう Jira アプリケーションを設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira でメールからコメントと課題の作成を有効にするには、最初に上記の方法で、Jira が POP または IMAP メールサーバーからメールを受信するよう設定する必要があります。

注: 次のすべての手順では、Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

POP または IMAP メールサーバーを追加または編集します。

  1. [管理] ( ) > [システム] を選択します。 
  2. メール > 受信メールを選択し、受信メールページを開きます。
  3. Click either the Add mail server button to define a new mail server, or the Edit link at the right of an existing mail server configuration, which will open the Add/Update Mail server page.
  4. このページのフィールドに次のように入力します。

    名前

    Specify a short, arbitrary name to identify your mail server configuration. You could possibly just specify the email address of the POP / IMAP mail server.

    説明

    (Optional) Specify an arbitrary description that describes the POP or IMAP mail server configuration and/or what it is used for. For example, 'Email Issue Creation/Comments for <Project>'. This description appears below the Name of the POP / IMAP mail server in the Mail servers table.

    サービスプロバイダー
    (既存の POP / IMAP メールサーバーを更新する場合は使用できません)

    Choose between using your own POP / IMAP mail server (i.e. Custom), Gmail POP / IMAP (i.e. Google Apps Mail / Gmail [POP3 / IMAP]) or Yahoo! POP (i.e. Yahoo! MailPlus) as the service provider for your POP / IMAP mail server.

    If you use a Microsoft mail server, select Custom.

    If you choose any of the Gmail or Yahoo! options and then switch back to Custom, some of the key fields in this section will automatically be populated with the relevant POP / IMAP mail server settings for these service providers.

    プロトコル

    Choose between whether your POP / IMAP mail server is a standard (i.e. POP or IMAP) or a secure (i.e. SECURE_POP or SECURE_IMAP) one. If you want to use an OAuth 2.0 integration as your Authentication method, select a secure email server.

    Jira クラウドは自己署名証明書をサポートしていません。

    ホスト名

    POP / IMAP メール サーバーのホスト名または IP アドレスを指定します。例: pop.yourcompany.com または imap.yourcompany.com

    POP / IMAP ポート

    (Optional) The port to use to retrieve mail from your POP / IMAP account. Leave blank for default.
    The defaults are the following: POP: 110; SECURE_POP: 995; IMAP: 143; SECURE_IMAP: 993.

    タイムアウト

    (オプション) タイムアウト時間をミリ秒単位で指定しまス。フィールドが空白のまま残された場合は、これを 10000 として処理します。ここで 0 または負の値を指定すると、Jira は POP / IMAP サーバーの応答を無限に待機します。

    ユーザ名

    POP / IMAP アカウントの認証に使用されるユーザー名。

    Authentication method

    The way to authenticate to the mail server. If you have configured your OAuth 2.0 integration, it will show on the list to select.

    パスワード

    Google and Microsoft are planning to disable using password as an authentication method. Once this method is disabled, you will not be able to connect to your Gmail or Microsoft Exchange Online. Configure OAuth 2.0 integration and select it as your authentication method to be able to add comments and create issues from email. Learn more about OAuth 2.0 integration.

    The password for your POP / IMAP account. You can still use it for a Yahoo or your custom email server.

    When editing an existing POP / IMAP mail server, select the Change Password checkbox to access and change this field.

  5. Click Authorize. You will be redirected to your service provider's site to log in to your account and authorize the connection. When you do, you will be redirected back to the application. 
  6. Click the Test Connection to check that Jira can communicate with the mail server you just configured.
  7. [保存] をクリックします。

POP / IMAP over SSL

メールサーバーが SSL をサポートしている場合、Jira とメールサーバーの間の電子メール通信を、SSL 経由で暗号化できます。 

最初に、Java キーストアにメールサーバー証明書をインポートする必要があります。プロセスは、「SSL サービスへの接続」ページに記載されています。

(warning) 重要なメモ:証明書をインポートしない場合、Jira はメールサーバーとの通信を行いません。


最終更新日 2020 年 6 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.