課題コレクターの利用

「課題コレクター」とは

課題コレクターを使用すると、Jira フィードバックフォームをユーザー自身の Web サイトに容易に組み込むことができます。一般的に、Web サイトのページの端にある「トリガー」タブをクリックすることでこのフォームにアクセスできます。

Web サイトを訪れた訪問者がこのトリガータブをクリックして、記入した Jira フィードバックフォームを送信すると、Jira で課題が簡単に作成されます。

Web サイトの訪問者は Jira フィードバックフォームを使用するために Jira のログインアカウントを持っている必要はありません。

始める前に: Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

Jira の課題コレクターへのアクセス

Jira アプリケーションでは、課題コレクターはプロジェクトごとに設定されます (したがって編成も同様)。

Jira で構成されたすべての課題コレクターにアクセスする方法

  1. Choose the Jira icon (, or ) > Jira settings > System.
  2. 課題コレクターを選択して課題コレクターページを開くと、Jira システム内のすべての既存課題コレクターのリストが表示されます。
  3. プロジェクトの名前をクリックして、そのプロジェクトに属している課題コレクターの詳細リストにアクセスするか、課題コレクターの名前をクリックして、詳細情報にアクセスします。課題コレクターページ (詳細情報を含む) では以下にアクセスできます。
    • アクティビティグラフ。この課題コレクターを通じて作成された課題の数 (Y 軸) が日単位 (X 軸) で表示されます。
    • この課題コレクターを通じて作成された最近の課題のリスト (新しい順)。

特定のプロジェクトに所属する課題コレクターにアクセスする方法

  1. プロジェクトに移動して [プロジェクト設定] をクリックします。 
  2. サイドバーから [課題コレクター] を選択します。 
  3. 課題コレクターの名前をクリックして詳細情報にアクセスします (特に、最近のアクティビティや課題コレクターを Web サイトに組み込む方法の詳細)。

課題コレクターをプロジェクトに追加する

  1. プロジェクトに移動して [プロジェクト設定] をクリックします。 
  2. サイドバーから [課題コレクター] を選択します。 
  3. 課題コレクターの追加ボタンをクリックして課題コレクターの追加ページを開きます。
  4. 課題コレクターの追加ページの最上部で、次の項目を指定します。

    名前 Jira ユーザーインターフェイスで一貫して表示される課題コレクターの名前を指定します。
    説明 課題コレクターの説明を指定します。この説明は、Jira ユーザーインターフェイスで一貫して課題コレクターの名前の隣に表示されます。
    課題タイプ Web サイトの訪問者が課題コレクターの Jira フィードバックフォームを送信したときに Jira で作成される課題のタイプを選択します。
    課題の報告者 Web サイトの訪問者が課題コレクターの Jira フィードバックフォームを送信すると作成される Jira 課題の既定の報告者となるユーザー名を指定します。
    報告者と一致? 以下のいずれかを選択します。
    • 常に課題の報告者を使用 — 上記で指定する既定の課題報告者が常に Web サイトの Jira フィードバックフォームの送信により作成される課題の報告者になるようにするには、このオプションを選択します。
    • 送信者のセッションまたは送信者のメール アドレスと一致するか試す — Web サイトの Jira フィードバックフォームの送信により作成される課題の報告者を Jira ユーザーにする場合はこのオプションを選択します。
      • あなたの Web サイトにおいて Jira フィードバックフォームの送信時に Jira にログイン中のユーザー (同じブラウザーセッション内)。
      • 電子メールアドレスが Jira フィードバックフォームの電子メールフィールドで指定された電子メールアドレスと一致するユーザー。

    Jira ユーザーが Jira プロジェクトで課題の作成プロジェクト権限を持っていない場合、上記で指定する既定の課題報告者が課題の報告者として使用されます。

    ブラウザ情報の収集 ブラウザの統計に関するメタ情報を収集する場合はこのオプションを選択します。この情報は Web サイトで Jira フィードバックを送信することで、作成された課題に組み込まれます。
  5. 「課題コレクターの追加」ページの真ん中のセクション (「トリガー」) で、次の項目を指定します。

    テキストのトリガー Web サイトのトリガータブに表示される短い簡潔なフレーズを指定します。
    スタイルのトリガー Web サイトで表示するトリガー タブのスタイルを選択します。"カスタム" はトリガーを表示しませんが、生成されたスクリプトに Javascript を追加します。そのため、Web ページ上でカスタム トリガーを作成できます。
  6. 「課題コレクターの追加」ページの下のセクション (「課題コレクターフォーム」) で、次の項目を指定します。

    テンプレート

    提供されているオプションから選択します。一般的に、選択内容は作成する課題タイプを反映します (例: 上記で選択したもの)。選択肢は次のとおりです。

    • Jira フィードバックフォーム用の事前定義されたテンプレート — 「フィードバックの送信」または「バグの報告」。
    • カスタムはカスタムの Jira フィードバックフォームを作成します。ダイアログボックス上で独自の用語を指定、フォーム上の他のフィールドを追加または削除、フォーム内の位置を変更できます。
      • 選択した課題タイプでフィールドが必須となっており、フィールドが以下にあてはまる場合は注意してください:
        • 既定値が指定されていない場合。フィールドはフォーム上に自動的に表示されます。フォーム上でこのフィールドの位置を変更できが、削除することはできません。

        • フィールド以外の既定値がフォームに追加されていない場合。課題コレクターから課題を作成する際、フィールドの既定値が使用されます。
      • 一部のフィールドは匿名ユーザーに表示できないため、すべてのタイプのフィールドをフォームに追加することはできません。表示可能なフィールドは次のとおりです。
        • 標準フィールド: サマリー、説明、コンポーネント、影響を受けるバージョン、環境、優先度、添付ファイル
        • カスタムフィールドタイプ: 日付と時刻、ラジオボタン、複数チェックボックス、マルチ選択、数字、選択リスト、URL フィールド、バージョンピッカー、カスケーディング選択、プロジェクトピッカー、単一バージョンピッカー、テキストフィールド、自由テキストフィールド
    Message ダイアログボックスの一番上の青い「情報」ペインに表示されるメッセージを入力します。
  7. [送信] ボタンをクリックして変更を保存します。

課題コレクターを自分の Web サイトに埋め込む

[送信] ボタンをクリックして新しい課題コレクターを保存すると、コード スニペットを含むページが表示されます。提供されたコードと情報を使用して、新しい課題コレクターを自分の Web サイトに埋め込みます。

tip/resting Created with Sketch.

このページから誤って離れてしまった場合、課題コレクターの詳細 (上記) にアクセスし、ページの最後までスクロールすることで、ページに表示されていた情報を簡単に再取得できます。

課題コレクターの編集

トリガー スタイルや、カスタム トリガーを変更しない限り、課題コレクターを編集するために、課題コレクターを含む Web ページを変更する必要はありません。トリガースタイルとカスタム トリガーを切り替えることで、生成される javascript が変わります。そのため、課題コレクターに含める Web ページへ埋め込む内容を変更する必要があります。

  1. プロジェクト管理者または Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとして Jira にログインします。
  2. 関連プロジェクトの課題コレクターのリストにアクセスします (上記)。
  3. 編集する課題コレクターの [操作] ドロップダウンで [編集] を選択して [課題コレクターの編集] ページを開きます。
  4. 必要に応じて課題コレクターを更新します。
  5. [更新] をクリックして変更を保存します。

課題コレクターのコピー

課題コレクターをコピーすると、完全に新しいコレクターが作成され、既存の課題コレクターには影響を与えません。新しい課題コレクターを作成した場合と同じように、希望する Web ページにコピーした課題コレクターを埋め込む必要があります。

  1. プロジェクト管理者または Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとして Jira にログインします。
  2. 関連プロジェクトの課題コレクターのリストにアクセスします (上記)。
  3. コピーする課題コレクターの [操作] ドロップダウンで [コピー] を選択して、[課題コレクターの追加] ページを開きます。
  4. コピーされた課題コレクターの情報は、名前を除いてすべてコピー元の課題コレクターと同じになります (名前は "Copy of" + "コピー元の課題コレクターの名前" となります)。
  5. 必要に応じて課題コレクターを更新します。
  6. [送信] をクリックして変更を保存します。

課題コレクターの無効化または削除

  1. 関連プロジェクトの課題コレクターのリストにアクセスします (上記)。
  2. プロジェクトの課題コレクターの一覧で [無効化] または [削除] をクリックして、関連する課題コレクターをそれぞれ無効化または削除します。

課題コレクターは無効化されますが、トリガータブはユーザーがページを更新するまで、課題コレクターコードが追加された Web サイトのページ上に引き続き表示されます。ただし、これらのトリガーの結果クリックすると、課題コレクターを現在操作できないことを示すメッセージが表示されます。

最終更新日 2018 年 7 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.