Jira Service Desk 権限エラーを解決する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

カスタムの権限スキームを使用する際、権限設定が標準の権限スキームの設定と異なると、以下のような権限エラーが発生します。

権限スキームエラーの説明

Jira Service Desk は、ユーザーの権限スキームとJira Service Desk の標準の権限スキームとの差異をエラーと見なします。エラーには、次の 2 種類があります。

  • 重大なエラー(赤):このエラーは、特定の管理機能を無効にするエラー(たとえば、エージェントをサービスデスクに追加できない等)であるか、日々のサービスデスクの利用に影響があるエラー(たとえば、カスタマーがカスタマーポータルにログインできない等)です。以下の表は、Jira Service Desk が重大なエラーと見なす内容の詳細です。Jira Service Desk を通常の運用に戻すには、このようなエラーを修正する必要があるため、エラーメッセージを無視することはできません。  
  • 重大ではないエラー(黄): Jira Service Desk の運用に影響しない権限スキームの差異は、重大ではないエラーとみなされます。標準的な権限設定を使用しない場合は、これらのエラーメッセージを無視できます。

エラーを解決する

権限エラーは、権限スキームを変更するか、エラーメッセージ内の権限の修正ボタンを使用して解決します。  

権限確定ボタンでできることとは?

メッセージ内の権限の修正ボタンは、カスタム権限スキームをサービスデスク プロジェクトから切り離し、以下のような名前でご利用の権限スキームのコピーを作成します。 <your_permission_scheme [number]> その後、新しいスキームをプロジェクトに連携させます。新しいスキームは次のことが原因で発生するエラーを修正します:

  • 管理者 ロールおよび Service Desk チーム ロール、Service Desk カスタマー ポータル アクセス セキュリティ タイプに標準権限を付与した場合。
  • 全権限をアサインされているサービスデスク カスタマーロールを削除した場合。
  • 権限セットアップ状態のままになっている場合。 
元の権限スキーム
新しい権限スキーム

元の名前は「プロジェクト OA 用 JIRA サービスデスク権限スキーム」

以下の権限は標準スキームとは設定が異なります:

  • ユーザー John Smith は、プロジェクト参照権限を有している。これは重大ではないエラー。 
  • サービスデスク カスタマーのロールが課題の作成権限を有している。これは重大なエラー。 
  • サービスデスク カスタマー - ポータルアクセスのセキュリティタイプで課題の作成権限を有していない。これは重大なエラー。 

権限の修正ボタンをクリックすると、「プロジェクト OA 用の Jira Service Desk 権限スキーム」がプロジェクトから切り離され、新しい権限スキームが「プロジェクト OA 用の Jira Service Desk 権限スキーム1」として作成され、サービスデスクに適用されます。 

  • ユーザー John Smith は、引き続きプロジェクト参照権限を有している。
  • サービスデスク カスタマーのロールが課題の作成権限から削除されている。
  • サービスデスク カスタマー - ポータルアクセスのセキュリティタイプに課題の作成権限が付与される。 

重大な権限エラーとは

重大な権限エラーにより、Jira Service Desk の特定の機能が無効になります。 

エラー 説明

管理者 ロールに必要な、以下の権限を有していない。

  • プロジェクトの参照
  • プロジェクト管理
  • 課題の編集
  • プロジェクト参照権限がない = 管理者はサービスデスクにアクセスできない。
  • プロジェクト管理 権限がない = 管理者はサービスデスクの設定を変更できない。  
  • 課題の編集 権限がない = 管理者は課題を編集できない。

Service Desk カスタマー ポータル アクセス セキュリティ タイプに必要な、以下の権限を有していない。

  • プロジェクトの参照
  • 課題の作成
  • コメントの追加
  • プロジェクト参照 権限がない = カスタマーはサービスデスクのカスタマーポータルにアクセスできない、つまりログインできない。
  • 課題の作成 権限がない = カスタマーはカスタマーポータルでリクエストを作成できない。
  • コメントの追加 権限がない = カスタマーは自分のリクエストにコメントを追加できない。

Service Desk カスタマー ロールに権限が直接付与されている。

このロールに権限を付与すると、カスタマーは Jira 機能へのアクセスが許可されます。カスタマーはカスタマーポータルへのアクセス権のみを有し、権限は Service Desk カスタマー ポータル アクセス セキュリティ タイプに対して付与されなければなりません。

その結果、管理者はカスタマーをサービスデスクに追加できなくなります。オープン サービスデスクが制限されます。パブリック サインアップが無効になります。

Service Desk チーム ロールに必要な、以下の権限を有していない。
  • プロジェクトの参照
  • 課題の編集
  • プロジェクト参照 権限がない = エージェントはサービスデスクを表示できない。
  • 課題の編集 権限がない = エージェントは課題を編集できない。

Service Desk チーム ロールにプロジェクト管理権限が付与されている。

エージェントにプロジェクト管理権限を付与することは、すべてのエージェントがサービスデスクの管理者になることを意味します。

これは重大な問題です。Jira Service Desk のエージェント管理機能が無効になります。その結果、管理者はエージェントを追加できなくなります。

最終更新日: 2017 年 9 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.