プロジェクト権限

複数のプロジェクトにまたがって作業する場合、1つのプロジェクトで権限をセットアップし、同じ権限を他のプロジェクトに適用すると便利です。例えば、指定されたプロジェクトチームだけが特定のプロジェクトの課題を割り当ておよび作業することができます。これは権限スキームを使用してセットアップすることができます。権限スキームは選択されたプロジェクト権限に割り当てられたユーザー、グループ、またはロールのセットです。すべてのプロジェクトが権限スキームを持っており、JIRA 管理者が複数のプロジェクトを関連付けることができます。そのため、各プロジェクトで権限をセットアップする必要はありません。

プロジェクト権限の付与は、次のことに基づいて行います。

  • 個々のユーザー
  • グループ
  • プロジェクトロール
  • すべてのユーザー - 匿名アクセスを許可
  • 報告者、プロジェクト リーダー、現在の担当者などの課題ロール
  • ユーザー ピッカー カスタム フィールド
  • グループ ピッカー カスタム フィールド - これは実際のグループ ピッカー カスタム フィールドか、グループ名である値を含む選択リストです。

 

この表は、さまざまなタイプのプロジェクト権限を示しています。プロジェクト権限はワークフロー条件でも使用できます。

プロジェクト権限

説明

プロジェクトの管理

JIRA でプロジェクトを管理する権限。この権限では、プロジェクト ロール メンバーシップ、プロジェクト コンポーネント、プロジェクト バージョン、およびいくつかのプロジェクト権限(例: プロジェクト名、プロジェクト リーダー、プロジェクトの説明)を編集することができます。

プロジェクトの閲覧

プロジェクトを参照する権限。課題ナビゲーターを使用し、個別の課題を表示します(課題レベルのセキュリティにより制限されている課題を除く)。

多くの他の権限はこの権限に依存しています。たとえば、課題での作業権限は、プロジェクトの参照権限も持っているユーザーのみ有効です。

スプリントの管理(Jira Software ユーザーのみ使用可能)

ボードのすべてのプロジェクトで次のスプリント関連アクションを実行する権限。

  • スプリントの作成
  • スプリントの開始
  • スプリントの完了
  • スプリントのレポート
  • 以降のスプリントの並び替え
  • 以降のスプリントの削除
  • スプリント情報 (スプリント名および日付) の編集
  • スプリント フッターの移動

ボードのフィルタークエリの複雑さによっては、スプリントの管理権限をユーザーに設定するときにさらに検討が必要になる場合があります。

複雑なフィルターの影響、これらのフィルターをシンプルにする方法の詳細は、「高度なケースでスプリントの管理権限を使用する」を参照してください。

開発ツールの表示 (Jira Software ユーザーのみ使用可能)

開発パネルの情報を表示する権限。これを見ると、課題の開発状態を一目で評価できます。

(読み取り専用) ワークフローの表示

課題を表示しているときに、プロジェクトの読み取り専用ワークフローを表示する権限。この権限は、課題の表示ページのステータス フィールドに対してワークフローの表示リンクを提供します。

課題の権限

説明

割り当て可能なユーザー

課題の割り当て可能な権限。これには課題の割り当てを行う権限は含まれていないので注意してください。

課題の割り当て

ユーザに課題を割り当てる権限。課題の割り当てメニューでのユーザーのオートコンプリートも可能です。

課題のクローズ

ワークフローの状態に基づいて課題をクローズする権限。これは、たとえば、開発者が課題を解決し、テスターがクローズする場合などに有用です。

この権限には、課題のトランジションおよび課題の解決トランジションが必要であることに注意してください。

課題の作成

プロジェクトに課題を作成する権限。サブタスクを作成することもできます(サブタスクが有効の場合のみ)

添付ファイルを作成するには、添付ファイルの作成権限が必要です。

課題の削除

課題を削除する権限。ユーザーがコメントの削除または添付ファイルの削除権限を持っていない場合でも、課題を削除することですべてのコメントと添付ファイルが削除されることに注意してください。ただし、課題の削除権限には、個別のコメントまたは添付ファイルを削除する権限は含まれません。

どのグループやプロジェクト ロールにこの権限を割り当てるかについては慎重に検討してください。通常は管理者のみに与えられます。

課題の編集

課題を編集する権限。課題をサブタスクに変換したり、サブタスクを課題に変換することもできます(サブタスクが有効な場合のみ)。ただし、この権限には期限フィールドを編集する権限はありません。課題のスケジュール権限を参照してください。

課題の編集権限は、通常、課題の作成権限を持つグループまたはプロジェクト ロールに付与されます。唯一例外があるとすれば、すべての人に課題の作成権限を与えた場合です。この場合、すべての人に課題の編集権限を与えるのは適切ではないこともあります。

課題のリンク

課題を相互にリンクする権限。この権限は課題のリンクが有効になっている必要があることに注意してください。

報告者の変更

課題の報告者を変更する権限。これによって、ユーザーは、誰かの代理で課題を作成することが可能となります。この権限は、一般的に、管理者のみに付与する必要があります。

課題の移動

1つのプロジェクトから別のプロジェクト、または同じプロジェクト内の1つのワークフローから別のワークフローへ課題を移動する権限。ユーザーは課題の作成権限を持っているプロジェクトにのみ課題を移動できます。

課題の解決

課題を解決および再オープンする権限。課題の修正対象バージョンを設定することもできます。

この権限には、課題のトランジション権限が必要であることに注意してください。

課題のスケジュール

課題のスケジュール設定を行う権限。つまり、課題の期限を編集できます。JIRA の旧バージョンでは、この権限で課題の期限を表示する権限も制御していました。

課題のセキュリティの設定

課題にアクセスできるユーザーを制御するために課題のセキュリティレベルを設定する権限。課題セキュリティがこの権限に対して有効になっている必要があることに注意してください。

課題のトランジション 課題のステータスのトランジションまたは変更を行う権限。

投票者とウォッチャーの権限

説明

ウォッチリストの管理

課題のウォッチャー リストのユーザーを表示、追加、削除する権限。

投票者とウォッチャーの表示

課題の投票者リストとウォッチャーリストを表示する権限。

コメント権限

説明

コメントの追加

課題にコメントを追加する権限。これにはコメントの編集または削除を行う権限は含まれていないので、注意してください。

すべてのコメントの削除

誰が追加したコメントであっても、削除する権限。

自分のコメントの削除

自分が追加したコメントを削除する権限。

すべてのコメントの編集

誰が追加したコメントであっても、編集する権限。

自分のコメントの編集

自分が追加したコメントを編集する権限。

添付ファイルの権限

説明

添付ファイルの作成

ファイルを課題に添付する権限。この権限に対して添付ファイルが有効になっている必要があり、これには添付ファイルの削除を行う権限は含まれていないことに注意してください。

すべての添付ファイルの削除

誰が追加した添付ファイルであっても、削除する権限。

自分の添付ファイルの削除

自分が追加した添付ファイルを削除する権限。

時間管理権限

説明

課題の作業ログ

課題の作業ログを記録する 権限、すなわち、作業ログ エントリを作成する権限。この権限に対して時間管理が有効になっている必要があることに注意してください。

すべての作業ログの削除

作業ログ エントリを削除する権限。誰が追加した作業ログでも削除できます。この権限に対して時間管理が有効になっている必要があることに注意してください。

自分の作業ログの削除

自分が追加した作業ログ エントリを削除する権限。この権限に対して時間管理が有効になっている必要があることに注意してください。

すべての作業ログの編集

作業ログ エントリを編集する権限。誰が追加した作業ログでも編集できます。この権限に対して時間管理が有効になっている必要があることに注意してください。

自分の作業ログの編集

自分が追加した作業ログ エントリを編集する権限。この権限に対して時間管理が有効になっている必要があることに注意してください。

最終更新日 2017 年 3 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.