クラシック プロジェクトの権限

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プロジェクト権限は 2 つの方法で管理されます。

  1. Jira 管理者はクラシック プロジェクトのプロジェクト権限を権限スキームを通じて管理します。このページでは、クラシックの権限スキームで利用可能な個々の権限付与について説明します。

  2. プロジェクト管理者は次世代プロジェクトのプロジェクト権限をカスタム ロールを通じて管理します。次世代プロジェクトのカスタム ロールの詳細をご確認ください

クラシック ソフトウェア、サービス デスク、またはビジネス プロジェクトで権限を定義するために権限スキームを通じて付与できる権限の一覧です。権限スキームの詳細をご覧ください。

Jira Software または Jira Core の Free プランではプロジェクトの権限またはロールを編集することはできません。また、すべての Free プラン (Jira Service Desk を含む) で課題レベルのセキュリティを構成することはできません。Free プランでのプロジェクト権限の仕組みについてご確認ください。Jira の強力なプロジェクト権限管理機能を利用するには、プランをアップグレードします

プロジェクト権限

次の権限は、クラシック プロジェクトとそれらのプロジェクトに含まれる課題での、機能へのアクセス権を定義します。基本的に、Jira サイトでのアクセス権や権限を定義するわけではありません。サイト管理者のみがユーザーに Jira サイトへのアクセス権限を付与できます。アトラシアン製品へのアクセス権の付与の詳細をご覧ください。

プロジェクト管理

この権限を持つユーザーはプロジェクト設定にアクセスできます。

このユーザーは以下が可能です。 

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

一般に、システム管理者ではプロジェクトの設定を支援するために、この権限が必要です。このため、この権限への製品アクセスは不要で、サイトのプランのライセンス数には計上されません。

プロジェクトの参照

この権限を持つユーザーは、[プロジェクト] ディレクトリでプロジェクトを表示し、プロジェクト内や Jira での検索時に個別の課題を表示できます (課題レベルのセキュリティで制限されている課題を除く)。

他の多くの権限がこの権限に依存します。たとえば、コメントの追加権限および課題のトランジション権限は、プロジェクトの閲覧権限を持つユーザーにのみ有効です。

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

プロジェクトの閲覧権限により、ディレクトリ内のすべてのユーザーやユーザーによる Jira の検索中にプロジェクト詳細が表示される可能性があります

ユーザー カスタム フィールド値報告者現在の担当者、またはグループ カスタム フィールド値プロジェクトの閲覧権限を付与した際に発生する既知の問題があります。このような場合、プロジェクトは Jira サイトにログインしているすべてのユーザーに公開されます。

この問題は、プロジェクトの閲覧権限と課題の表示権限とを組み合わせる Jira の仕様によって意図的に設計されたものです。アトラシアンでは現在、これらの権限を切り離すことに取り組んでいます・

取り組み状況の進捗をご確認ください

スプリントの管理

この権限を持つユーザーは、プロジェクトでスプリントを作成、開始、および完了できます。これには、スプリントの長さと目標の調整も含まれます。

この権限は、Jira Software への製品アクセスに依存します。アトラシアン製品へのアクセス権をユーザーに付与する方法の詳細をご確認ください

スプリントとはアジャイル方式に由来する概念で、具体的にはスクラムと呼ばれる作業方法を指します。スプリントは通常、チーム リーダーか、指名されたスクラム マスターが管理します。Jira Software でのスプリント、スクラム、およびアジャイル手法の実践方法の詳細をご覧ください

ボードのフィルター クエリの複雑さによっては、スプリントの管理権限をユーザーに設定するときにさらに検討が必要になる場合があります。例えば、ボードに複数のプロジェクト (サービスデスク プロジェクトを含む) のスプリントが含まれる場合、正常にスプリントを完了するには各プロジェクトでのスプリントの管理権限が必要です。複雑なフィルターによる影響や、フィルター クエリを簡素化する方法の詳細については、「高度なケースでスプリントの管理権限を使用する」を参照してください。

一部のスプリント操作 (スプリントへの課題の追加、スプリントからの課題の削除など) を正常に完了するには、課題のスケジュール作成権限および課題の編集権限が必要です。

Jira Software でのスプリント計画の詳細をご覧ください

開発ツールの参照

開発パネルを表示する権限。接続された開発ツールでの課題のビルド データの状態をひと目で評価できます。開発パネルの詳細をご覧ください

この権限は、Jira Software への製品アクセスに依存します。アトラシアン製品へのアクセス権をユーザーに付与する方法の詳細をご確認ください

(読み取り専用) ワークフローの表示

この権限は、課題の表示時に [ワークフローの表示] リンクを提供します。

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

課題の権限

次の権限は、プロジェクトを閲覧できるユーザーにのみ影響します。これらの権限を使用するには、最初にユーザー、グループ、またはロールに対し、権限スキームでプロジェクトの閲覧権限を付与します。

課題の割り当て

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの任意の課題で [担当者] フィールドの値を変更できます。このユーザーへの課題の割り当てを許可するわけではありません (割り当て可能なユーザー権限を参照)。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

 ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

この権限を持つチーム メンバーは、作業のさまざまなステージでタスクを引き渡すことができます。

割り当て可能なユーザー

この権限を持つユーザーに課題を割り当てることができます。つまり、プロジェクトの任意の課題で [担当者] フィールドにこれらのユーザーの名前を使用できます。このユーザーにサイトの他のユーザーへの課題の割り当てを許可するわけではありません (課題の割り当て権限を参照)。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

 ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

この権限を持つユーザーは、課題で作業することができます。課題にユーザーを割り当てると、そのユーザーに課題を表示するための通知が送信されます。この権限は、あらゆるプロジェクトの中心的なチーム メンバーに不可欠です。

課題のクローズ

この権限を持つユーザーは課題のワークフローの条件に基づいて、課題で [解決状況] フィールドをクローズ状態に設定できます。

この権限を使用するには、課題のトランジションおよび課題の解決が必要です。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

 ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

Jira の場合

  • 解決状況フィールドが設定されていない場合、課題はオープンです。

  • 解決状況フィールドに値 (例: "修正済み"、"再現不可") が設定されると、課題はクローズになります。

ワークフローで条件を使用して課題をクローズする方法は 2 つあります。

  1. 事後処理を使用して解決状況フィールドを自動的に設定します。高度なワークフロー構成の詳細についてはこちらをご覧ください。

  2. 画面から解決状況を選択するようにユーザーに促します。トランジション画面の詳細をご覧ください

この権限は、修正が意図したとおりに機能しているかどうかを品質保証エンジニアがテストする、ソフトウェア チームやサービス チームが主に使用します。開発者が課題を "完了" ステータスにトランジションできるように権限を設定し、課題はオープンのままにします。その後、テスターのみが修正が検証して課題をクローズできるようにします。

課題の作成

この権限を持つユーザーは、プロジェクトで課題を作成できます (サイトでサブタスクを有効にしている場合はサブタスクを含む)。サブタスクの詳細をご覧ください

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

添付ファイルを作成するには添付ファイルの作成権限が必要です。

オープンな組織では、すべてのユーザーにプロジェクトでの課題の作成を許可することでメリットが得られます。例えば、チームの製品を使用している際にバグを発見して報告することができます。一部のチームでは、バックログを整理するため、この権限をチームの主要メンバーのみに制限している場合があります。厳密なコンプライアンスやセキュリティのニーズを持つ組織では、チームの課題の作成をスクラム マスターやその他のリーダーのみにしている場合があります。

課題の削除

この権限を持つユーザーはプロジェクトの任意の課題を削除できます。課題を削除すると、関連付けられたフィールド データ、コメント、および作業ログ エントリが削除されます。コメントの削除または添付ファイルの削除権限は不要です。ただし、課題の削除権限には、個々のコメントまたは添付ファイルを削除する権限は含まれません。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

この権限は一般に、チーム リーダーまたはプロジェクトの管理ロールにのみ付与することが望まれます。一般に、課題を削除することは推奨されません。課題のステータスを完了カテゴリ ステータスに変更するほうが、不要な課題のクリーンアップよりも推奨されます。課題のステータスを変更すると、チームがタスクに対して行ったアクションが課題の報告者、担当者、ウォッチャーに通知されます。

課題の編集

この権限を持つユーザーは、要約や説明を変更したり、別の権限 (課題の割り当て報告者を変更課題のスケジュール権限など) で制限されていないフィールドの値を変更したりすることができます。また、この権限があれば、ユーザーは課題をサブタスクに変換したり、その逆の変換を行ったりすることができます。課題とサブタスクの詳細をご覧ください

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

オープンな組織ではチームに対し、作業でタスクを表示する際にフィールドを調整することで互いの作業を最新の状態に保つことを奨励します。スタンドアップ ミーティング、計画ミーティング、ボード整理セッション、またはプロジェクトのキックオフ ミーティングなどの共通のミーティング時にタスクのレビューを実施する可能性があるチーム メンバーにとって、説明を明確化し、フィールドを更新できることは非常に便利です。厳格なコンプライアンスまたはトレーサビリティ要件を持つ組織は、この権限をチーム リーダーまたはプロジェクト マネージャー用に予約する場合があります。

課題のリンク

この権限を持つユーザーは、プロジェクト内の課題を別の課題、またはサイト上の他のプロジェクトの課題にリンクすることができます。リンクを正常に表示するには、ターゲットのプロジェクトまたはサービスデスク内で同じ権限が必要です。この権限は、課題のリンクを有効化した場合にのみ関連します。課題のリンクの詳細をご覧ください

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

報告者の変更

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの任意の課題で既定の [報告者] の値を変更できます。[報告者] フィールドは、課題の作成時に自動的にリクエストの作成者に設定されます。これによって、ユーザーは他のユーザーの代理で課題を作成できるようになります。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

課題の移動

この権限を持つユーザーは、Jira サイトの別のプロジェクトまたはサービスデスクに課題を移動したり、課題を別の課題タイプ変更したり (課題を別のワークフロー関連付ける) することができます。

この権限には、ターゲットのプロジェクトまたはサービスデスクで課題の作成権限が必要です。

課題の解決

この権限を持つユーザーは、[解決状況] フィールドの値を設定またはクリアできます。また、課題の [修正バージョン] フィールドを設定することもできます。課題をクローズする機能は含まれません (課題のクローズ権限を参照)。

この権限を使用するには、課題のトランジション権限が必要です。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

課題のスケジュール

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの課題で [期日] フィールドの値を設定または変更できます。クラシック スクラムまたはカンバン ボードでは、この権限を持つユーザーはボードやバックログで課題を並べ替え (ランク付け) することもできます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

課題のセキュリティの設定

この権限を持つユーザーは、プロジェクトでの特定の課題にセキュリティ レベルを設定し、特定の課題を表示および操作できるユーザーを変更できます。これは一般に、プロジェクト マネージャー、管理者、またはプロジェクトのその他のチーム リーダー用に予約されます。課題のセキュリティの詳細をご覧ください

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

課題のトランジション

この権限を持つユーザーは、プロジェクトで課題が基づいているワークフローを表示し、プロジェクトの任意の課題のステータスを更新できます。ワークフローを通じて任意の課題を移動し、トランジションに関連付けられているワークフロー事後操作があった場合はそれをトリガーします。ワークフローの詳細をご確認ください。

プロジェクトの [解決状況] フィールドを設定したり、課題をクローズしたりすることはできません (課題の解決または課題のクローズ権限を参照)。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

投票者とウォッチャーの権限

次の権限は、プロジェクトを閲覧できるユーザーにのみ影響します。これらの権限を使用するには、最初にユーザー、グループ、またはロールに対し、権限スキームでプロジェクトの閲覧権限を付与します。

ウォッチリストの管理

この権限を持つユーザーは、課題のウォッチ リストからユーザーを追加または削除できます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

投票者とウォッチャーの表示

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの任意の課題をウォッチしているユーザーを表示することができます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

コメント権限

次の権限は、プロジェクトを閲覧できるユーザーにのみ影響します。これらの権限を使用するには、最初にユーザー、グループ、またはロールに対し、権限スキームでプロジェクトの閲覧権限を付与します。

コメントの追加

この権限を持つユーザーは、ソフトウェアおよびビジネス プロジェクトで任意の課題にコメントを追加したり、サービスデスク プロジェクトのリクエストに内部コメントを追加したりすることができます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

これにはコメントの編集または削除を行う権限は含まれていない点にご注意ください。

すべてのコメントの削除

この権限を持つユーザーは、ソフトウェアまたはビジネス プロジェクトの課題で任意のユーザーが追加したコメントや、サービスデスク プロジェクトの任意のリクエストに追加された内部メモ (およびカスタマー コメント) を削除できます。この権限はわずかに強力です。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

トレーサビリティと履歴の調査のため、アトラシアンではすべての課題のコメントを保存することを推奨しています。コメントは、プロジェクトの進行の追跡や今後のやり取りの改善点を検討するうえで参考になります。このため、この権限はチームの リーダー、人事マネージャー、またはその他の管理ロールのみに付与することをおすすめします。

自分のコメントの削除

この権限を持つユーザーは、サービスデスク プロジェクトで、自身がプロジェクトの課題に追加した任意のコメントや、サービスデスク プロジェクトでリクエストに追加した内部コメントを削除できます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

通常、(コメントの追加権限を持つために) 課題にコメントを追加できるユーザーは、自分のコメントを削除できることが望ましいです。これは、ある人物が誤ったコメントや、不正確なコメントを追加した場合に、作業を明確化するのに役立ちます。コンプライアンスまたはトレーサビリティについて厳格な要件が課される組織では、この権限を制限して課題のライフ サイクルを通じて正確な履歴レコードを保持することを検討することが望まれます。

すべてのコメントの編集

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの課題に任意のユーザーが追加した任意のコメントまたは内部メモの内容を変更できます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

オープンな組織では、チームで互いのコメントを編集して、スペル ミスやリンク切れなどの軽微な問題を修正したり、コミュニケーションの流れを整理したりすることが推奨されます。厳格なコンプライアンスまたはトレーサビリティ要件を持つ組織は、この権限をチーム リーダーまたはプロジェクト マネージャー用に予約する場合があります。

自分のコメントの編集

この権限を持つユーザーは、ソフトウェアまたはビジネス プロジェクトで自身が課題に追加した任意のコメントの内容や、サービスデスク プロジェクトのリクエストに追加した内部コメントを削除できます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

通常、(コメントの追加権限を持つために) 課題にコメントを追加できるユーザーは、自分のコメントを変更したり、スペルミスやリンク切れなどの軽微な問題を修正できることが望ましいです。コンプライアンスまたはトレーサビリティについて厳格な要件が課される組織では、この権限を制限して課題のライフ サイクルを通じて正確な履歴レコードを保持することを検討することが望まれます。

添付ファイルの権限

次の権限は、プロジェクトを閲覧できるユーザーにのみ影響します。これらの権限を使用するには、最初にユーザー、グループ、またはロールに対し、権限スキームでプロジェクトの閲覧権限を付与します。

添付ファイルの作成

この権限を持つユーザーは、プロジェクトのどの課題にもファイルを添付できます。この権限は、添付ファイルが有効化されている場合に影響します。添付ファイル詳細をご確認ください

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

通常、チーム メンバーまたはコラボレーターは自分の作業を説明するためにこの権限が必要です。課題へのファイルやスクリーンショットの添付の詳細をご確認ください

すべての添付ファイルの削除

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの課題で、任意のユーザーが追加した添付ファイルを削除できます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

一部のチームではこの権限を管理ロール用に予約している場合がありますが、オープンな組織では、この機能をすべてのチーム メンバーに付与することでメリットが得られます。たとえば、課題で、作業について説明するためにデザイナーによる画像が必要な場合、チーム メンバーは元の添付ファイルの所有者ではなくても最新の状態に維持することができます。

自分の添付ファイルの削除

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの課題に自身が追加した任意のファイルや画像を削除できます。

この権限は特定の製品アクセス権に依存しません。Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

通常、(添付ファイルの追加権限を持つために) 課題にファイルを添付できるユーザーは、自分の添付ファイルを削除できることが望ましいです。このプラクティスは、課題に取り組む過程で多くのバージョンのファイルや画像をアップロードする作業を明確化するのに役立ちます。コンプライアンスまたはトレーサビリティについて厳格な要件が課される組織では、この権限を制限して課題のライフ サイクルを通じて正確な履歴レコードを保持することを検討することが望まれます。

時間管理権限

次の権限は、プロジェクトを閲覧できるユーザーにのみ影響します。これらの権限を使用するには、最初にユーザー、グループ、またはロールに対し、権限スキームでプロジェクトの閲覧権限を付与します。

次の権限は、Jira サイトでタイム トラッキングを有効にしている場合にのみ使用できます。タイム トラッキングの詳細をご覧ください

次の権限は特定の製品アクセス権に依存する場合があります。

  • ソフトウェア プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Software への製品アクセス権が必要です。

  • サービスデスク プロジェクトでこの権限を使用するには Jira Service Desk への製品アクセス権が必要です。

  • ビジネス プロジェクトでは、Jira サイトにログインするすべてのユーザーにこの権限を付与できます。

ユーザーへのアトラシアン製品に対するアクセス権の付与の詳細をご確認ください

課題の作業ログ

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの任意の課題で時間管理フィールドを操作できます。

この権限を持つユーザーは、タスクに費やした時間と完了までの残りの時間を示す作業ログ エントリ (プロセス中に行った作業の簡単な説明を含む) を作成することができます。

すべての作業ログの削除

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの課題で任意のユーザーが追加した作業ログ エントリを削除できます。

通常、他のユーザーの作業ログ エントリの削除は、チーム リーダーまたはその他の管理ロール専用の権限です。

自分の作業ログの削除

この権限を使用すると、自身が記録した時間、残余として見積もられた時間、プロジェクトの任意の課題に追加した作業ログの説明を削除できます。

通常、プロジェクトで作業して時間を記録しているユーザーは、データ入力時のエラーに備え、自分の作業ログを削除できる必要があります。

すべての作業ログの編集

この権限を持つユーザーは、プロジェクトの任意の課題で任意のユーザーが追加した記録時間、残余時間、および作業ログの説明を編集できます。

通常、他のユーザーの作業ログ エントリの調整は、チーム リーダーまたはその他の管理ロール用に予約されます。

自分の作業ログの編集

この権限を使用すると、自身が記録した時間、残余として見積もられた時間、プロジェクトの任意の課題に追加した作業ログの説明を変更できます。

通常、プロジェクトで作業して時間を記録しているユーザーは、データ入力時のエラーや作業のスコープまたは要件の変更に備え、自分の作業ログを調整できる必要があります。

最終更新日 2020 年 4 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.