他の課題トラッカーからの移行

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

他の課題追跡アプリケーションからデータを移行して、新しい Jira Cloud 製品ですぐに作業を再開することができます。

アトラシアンでは、サードパーティ製のインポート ツールはサポートしていません。Jira Cloud サイトへのデータのインポートは、CSVJSON、または BitbucketTrello のインポーターを使用して行う必要があります。

他のツールやアプリからデータをインポートする

CSV または JSON 形式を使用して、他のツールから Jira Cloud 製品にデータをインポートできます。ほとんどの場合は CSV 形式をお勧めします。一般的なツール、それらで推奨される形式、そのデータを Jira にインポートする方法の詳細については、以下のリストをご覧ください。

CSVからのデータのインポート

JSON からのデータのインポート


Asana

Asana データを Jira にインポートする 場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

Asana タスクは名前を付けずに作成できます。Jira アプリケーションでは課題にサマリーが必要となるため、名前の付いていない課題には既定の名前が設定されます。

Axosoft

Axosoft データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

CSV ファイルを作成するには、アイテムの一覧または作業ログに移動して [その他] メニューから [エクスポート] オプションを選択する必要があります。エクスポートですべてのフィールドを選択していることを確認します。すべて選択されていない場合、一部の情報が Jira で表示されない可能性があります。生成された CSV ファイルを保存します。

Basecamp

お住まいの地域のアトラシアン パートナーに連絡するか、Atlassian コミュニティにアクセスして他のユーザーが投稿したヒントや手法を確認することをお勧めします。Basecamp および Jira パブリック API に基づいて独自のソリューションを開発することもできます。

Bitbucket

Bitbucket データを Jira にインポートする場合、JSON 形式でエクスポートすることをお勧めします。

Jira Cloud をインポートするために Bitbucket データをエクスポートおよびフォーマットする方法をご覧ください。

Excel

Excel データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

スプレッドシートから不要な情報やマクロをすべて取り除き、表の列に適切なラベルが付いていることを確認します。準備が整ったら、[ファイル] > [名前を付けて保存] を選択し、[形式] ドロップダウンから [CSV] を選択します。

GitHub

Github データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

CSV 形式へのデータのエクスポートに関する最新情報については、Github コミュニティ をチェックしてください。

Pivotal Tracker

Pivotal Tracker データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

CSV ファイルの準備に関する最新情報については、Pivotal Tracker のドキュメントを参照してください。 

Rally

Rally データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。 

CSV ファイルを作成するには、Rally の概要ページに移動し、[Actions] > [CSV] を選択して生成されたファイルを保存します。このエクスポートでは、概要ページに表示されているデータのみが含まれます。すべてのデータをエクスポートするには、最初にカスタム ビューを作成する必要があります。詳細は、Rally のドキュメントを参照してください。

Redmine

Redmine データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

TFS または Visual Studio

TFS または Visual Studio データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

このプロセスには 2 つのステップがあります。 

  1. エクスポートする作業項目を含むクエリを作成します。このクエリを作成する際、Excel スプレッドシートに結果を保存します。 
  2. 結果のスプレッドシートを CSV 形式で保存します。

詳細については、Microsoft Team Foundation Server および Visual Studio のドキュメントを参照してください。

また、次のような、移行をサポートするサードパーティ アプリを使用することもできます。

Trac

Trac データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

Trac データを CSV にエクスポートするための関連情報については、Trac ドキュメントを参照してください。

Trello

Jira Cloud サイトでは Trello データを直接インポートできます。詳細はこちらをご覧ください

VersionOne

VisionOne データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

CSV ファイルを作成するには、VersionOne のカスタム レポートを使用する必要があります。カスタム レポートにより、CSV などのさまざまなファイル形式へのエクスポートを行うことができます。カスタム レポートの使用方法や CSV へのエクスポートの詳細については、VersionOne のドキュメントを参照してください。

YouTrack

YouTrack データを Jira にインポートする場合、CSV 形式でエクスポートすることをお勧めします。

CSVファイルを作成するには、YouTrack のレポート メニューから [Issues in CSV] オプションを選択する必要があります。最初に検索条件を作成して、エクスポートしたデータ セットが Jira にインポートしたい内容と一致するようにします。生成された CSV ファイルを保存します。詳細は、YouTrack のドキュメントを参照してください。 

最終更新日 2018 年 7 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.