Managing apps

アプリについて

アプリ (アドオンまたはプラグインとも呼ばれます) は、Jira の機能を補完または拡張するインストール可能なコンポーネントです。たとえば、Jira Calendar Plugin は、課題やバージョンの期日をカレンダー形式で示すアドオンです。Atlassian Marketplace では、Jira を拡張するための多数のアプリを見つけることができます。

Jira 用の独自アプリの開発については、Jira 開発者向けドキュメントを参照してください。さまざまな Jira ガジェットを有効化するには、「既定のダッシュボードの設定」を参照してください。

tip/resting Created with Sketch.

新しい Jira 課題ビューでは、課題ビューから新しい Atlassian Marketplace アプリを見つけて試すことができます。課題の概要の下にある [•••] クイック追加ボタンをクリックし、[さらに追加] を選択します。

Universal Plugin Manager

Universal Plugin Manager (UPM) はそれ自体がアプリであり、Jira でアプリを管理するのに使用します。UPM は Jira にあらかじめインストールされており、最新の状態に維持されるため、ユーザー自身でインストールや更新を行う必要はありません。

UPM では、次の操作を実行できます。

  • アプリ設定の構成
  • Atlassian Marketplace でのアプリの検索およびインストール
  • アプリの更新

その他の一般的なアプリ管理タスクの実行についての詳細は、Universal Plugin Manager のドキュメントを参照してください。

UPM に移動するには、次の手順を実行します。

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [アドオン] を選択します。
  2. Click Manage apps.

Jira アプリの表示

UPM ではテキスト フィールドとカテゴリー メニューを使用して、ページに表示されるアプリをフィルタリングできます。既定では、管理者による操作が必要なアプリがページに表示されます。これには、試用版が利用可能なアプリや、期限切れが近いアプリが含まれます。

また、次のカテゴリーから選択することもできます。

  • Paid via Atlassian は、販売元がアトラシアンまたはサードパーティベンダーかどうかを問わず、システム内の購入済みアプリを表示します。 
  • User-installed アプリは、製品のスタンドアロン バージョンには含まれず、Jira Cloud に追加されたアドオンです。これらのアプリは無効化したり、有効化したりできます。これらのアプリのモジュールの一部も同様に無効化または有効化可能ですが、アプリの機能に不可欠なモジュールを無効化することはできません。
  • System アプリは、製品のスタンドアロン バージョンに同梱され、Jira Cloud に含まれているアプリです。これらのアプリはサイトの機能に不可欠なため、アトラシアン サポートによる指示がない限り、無効にしないでください。

アプリの詳細の表示

アプリ名を選択して、詳細を表示します。詳細にはアプリの簡単な説明、アプリを無効化 / アンインストール / 構成するオプション、およびアプリ開発者に関する情報が含まれます。

新しいアプリを見つけて追加する

Jira Cloud では、アプリをサブスクライブすることで購入します。

新しいアプリを見つけて試すには、次の手順を実行します。

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [アドオン] を選択します。
  2. [新しいアドオンを検索] をクリックします。

検索機能およびフィルターを使用して、Jira の操作に活用できるアプリを見つけます。アプリの試用やサブスクライブを行うには、アプリの横にある [Free trial] ボタンをクリックします。

tip/resting Created with Sketch.

新しい Jira 課題ビューでは、課題ビューから新しい Atlassian Marketplace アプリを見つけて試すことができます。課題の概要の下にある [•••] クイック追加ボタンをクリックし、[さらに追加] を選択します。

試用期間内に試用を終了しない場合、アプリのサブスクリプションが開始されます。試用期間は次の請求日から 1 か月間です。試用の開始後は、アプリ管理ページから試用を停止できます。

試用期間内に試用を再度有効化することはできますが、元の試用期間を超えて試用を再開することはできません。その時点では、[アドオンの管理] ページからアプリのサブスクライブのみが可能になります。

アプリのサブスクリプションの解約

アプリのサブスクリプションを終了するには、[アドオンの管理] ページで [Unsubscribe] ボタンをクリックします。アプリの解約はただちに有効となりますが、ライセンス期間が終了した後も一部のアプリは引き続き機能する場合があります。インターフェイスでアプリが完全に表示されないようにするにはそれをアンインストールします。

Jira アプリの監査ログの表示

監査ログは、Jira Cloud サイトのアプリに関連する管理アクティビティを表示します。たとえば、ログには、アプリがいつ有効化 / 無効化されたか、変更を行った管理者のユーザー名が表示されます。

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [アドオン] を選択します。
  2. [アドオンの管理] をクリックします。
  3. ページ左下にある [監査ログ] を選択します。

監査ログ アクティビティを RSS フィードで受け取るには、リストの右側にあるオレンジ色の RSS アイコンをクリックします。


最終更新日: 2019 年 2 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.