Jira Server から Cloud への移行計画

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex
robotsnoindex

このガイドでは、自己ホスト型の Jira Server から Jira Cloud への移行に関する計画の概要について案内します。これはすべての Jira 製品 (Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core および Jira Ops) に適用されます。 

プロジェクト チームの追加やテクノロジー オプションの評価を行い、現在の Jira Server サイトが移行に対応しているかどうかを確認して、移行を実行します。

Jira Server から Cloud への移行が必要かどうかが不明な場合、Atlassian Cloud のメリットの詳細や、Jira 移行に関する FAQ をご参照ください。 

このガイドの対象者

このガイドは、次のような移行を行う必要がある場合に利用していただけます。

大量のデータを移行する必要がある場合、複数のソースからユーザーまたはプロジェクトを移行する場合、または複数のサイトを移行する場合は、サポートに連絡して移行戦略の計画の支援を依頼することをおすすめします。

このガイドの一部のステップでは上位の権限が必要になります。開始する前に、次の点をご確認ください。

  1.  Jira Server でシステム管理グローバル権限を保持していること。
  2. クラウド サイトで site-admins グループに所属していること。これによってすべてのアプリケーション (Jira、Confluence)、それらの管理機能、およびサイト管理機能へのアクセス権が付与されます。サイト管理機能にはユーザーや請求の管理機能が含まれます。

移行前

移行の決定

  1. 移行タイプの評価: 新しい Jira Cloud サイトに既存のデータを移行予定であったり、既存の Jira Cloud サイトとの統合を計画していますか? このガイドは、既存のデータを持たない、新しい Jira Cloud サイトへの移行を支援することを想定しています。データを持つ既存の Jira Cloud サイトと統合する必要がある場合、データが移行中に上書きされるのを防ぐため、Jira Cloud に移行する前に Jira Server でデータを統合する必要があります。
  2. セキュリティとコンプライアンス要件の確認: 移行を成功させるためには、組織のセキュリティ要件を順守することが不可欠です。アトラシアンのセキュリティ、プライバシー、およびコンプライアンス ポリシーの詳細については、Trust at Atlassian をご確認ください。この時点で、Atlassian Cloud が要件を満たしていること確認するために、調達チームやセキュリティ チームとの連携が必要となる場合があります。
  3. アプリの評価: 移行を決定する前に、アプリやカスタム連携を確認し、Jira Cloud サイトで必要なものを判断します。評価する際には、Jira Cloud の一部の機能がサーバー用のアプリが実現していた要件を満たす可能性があることに留意します。たとえば、Jira Cloud には多数のワークフロー バリデーターや条件、SSO (Atlassian Access の有料サブスクリプションで利用可能)、Bitbucket Cloud や Github との高度な連携が含まれます。使用しているアプリの Jira Cloud との対応可否や新しいクラウド専用アプリを確認するには、Atlassian Marketplace をご利用ください。社内アプリやカスタム ビルド アプリがある場合、それらの検討も必要です。
    1. 一般に、Jira Server から Jira Cloud への移行にアプリのデータは含まれません。一部のアプリはデータのエクスポートおよびインポート機能を提供していますが、これが使用可能かどうかをアプリの開発元に問い合わせたり、アプリのドキュメントで確認する必要があります。
    2. Jira Server アプリを Jira Cloud にマッピングする必要がある場合、Marketplace にサーバー用アプリのクラウド用の同等製品がないかどうかを最初にご確認ください。クラウド用の同等製品がある場合、アプリがデータを保存しているかどうかをアプリの開発者に確認します。データが保存されている場合、利用可能なデータ移行オプションについてアプリ ベンダーに確認します。アトラシアンは、サードパーティ製のサーバー用アプリが生成したデータをクラウド用アプリへ直接移行する処理は行いません。同等のものやアプリ ストア データがない場合でも、データをエクスポートする手段がない場合はベンダーに連絡する必要があります。 
  4. コストの確認: Jira Cloud サブスクリプションを除き、Jira Cloud への移行に対する費用は発生しません。ただし、支払いオプションおよび全体的なコストの評価は必要です。次の点を考慮します。
    1. Jira Server と異なり、Jira Cloud はサブスクリプション ベースで販売され、永久ライセンスではありません。支払いには月間または年間のいずれかを選択でき、年間払いの場合は割引があります。Jira のライセンスを確認してチームに最適な支払い方法を選択してベースライン コストを見積もるか、Atlassian Cloud 価格シミュレーター をご利用ください。
    2. Jira Cloud Atlassian Marketplace のアプリを使用することを計画している場合、それらも考慮に入れてコストを検討します。Atlassian Cloud 価格シミュレーターでは、アプリを含めた月間または年間の合計費用を算出できます。
    3. 既存の Jira Server ライセンスと保守は Jira Cloud に転送されない点にご注意ください。2 つのライセンスは独立しており、それぞれに支払いが発生します。
  5. FAQ の確認: Atlassian Cloud 移行センター内に、Jira 移行の計画を支援する包括的な FAQ セットを作成しました。ここに含まれない質問がある場合、お知らせください。
  6. Jira Cloud の試用: 無料の Jira Cloud トライアルにサインアップして、Jira Cloud を稼動します。Jira Server と Jira Cloud ではデザインやレイアウトが異なりますが、これら 2 つを切り替えることはできません。2 つの製品の違いに慣れ、ユーザーのオンボーディングに必要なやり取りや研修を確認するために、移行前に Jira Cloud を試用することをおすすめします。

移行の準備

移行することを決定したら、それに向けた準備を進めます。

  1. チームを集める: Jira Server からクラウドへの移行は、ユーザーのエクスペリエンスやワークフロー、組織全体のさまざまなステークホルダーに影響する可能性があります。移行では、組織の規模とユーザー数に応じて、チームを横断してロールや責任が定義された、完全に独立したプロジェクトが必要となる場合があります。Jira Cloud への移行に関心を持っていたり、移行の影響を受けたりする個人やステークホルダーに、できるだけ早い時期に連絡することをおすすめします。可能であれば、これらのスタッフをチームに加え、プロセスの一部として参加を依頼します。
  2. プロアクティブかつ頻繁に連絡する: 移行スケジュールについて組織に知らせる前に、チーム メンバーと移行計画を共有します。発生する問題やエラーについて、ユーザーにどのように警告するかを決定します。この段階では、移行のコミュニケーション計画に以下のような内容を含める必要があります。
    1. 移行のタイミング
    2. ユーザーが想定すべきダウンタイム
    3. 移行中はあらゆる変更を加えないよう、ユーザーに依頼する
    4. 移行後の古いサイトへの影響。アクセスまたは読み取りが引き続き可能かどうか
  3. Jira Server サイトの準備: 現在の環境を評価し、データの移行前に変更が必要かどうかを判断します。
    1. サポート対象のサーバー バージョンを使用していることを確認します。
      1. Jira Server 7.6.0 以降を使用している場合、移行前のアップグレードは不要です。
      2. Jira Server のバージョンが 7.0.0 と 7.6.0 (2017 年 11 月にリリース) の間の場合、移行前に 7.6.0 以降にアップグレードすることをおすすめします。7.0.0 と 7.6.0 の間のバージョンの移行は動作する可能性はありますが、これらのバージョンではアップグレードなしでの移行は保証されません。
      3. Jira Server のバージョンが 7.0.0 (2015 年 10 月にリリース) 未満の場合、移行前に 7.6.0 以降にアップグレードする必要があります。
    2. Jira Server インスタンスで LDAP や AD などの外部ユーザー ディレクトリを使用している場合、それらのユーザーは移行ではインポートされません。移行前にそのようなユーザーを内部の Jira ユーザー ディレクトリに移行するか、インポートの完了後にユーザー アカウントを作成する必要があります。これは、ユーザーが Atlassian Crowd に保存されている場合も適用されます。 
    3. この機会を利用して不要なデータをクリーンアップまたは削除することもできます。

  4. 匿名アクセス設定の確認: 未ログインの匿名ユーザーによる Jira Cloud のデータへのアクセスを禁止したい場合、移行前に Jira Server プロジェクトで使用されているすべての権限スキームを確認します。すべてのプロジェクトで、「プロジェクトへの匿名アクセスの許可」に記載されているようにプロジェクトの閲覧権限に Anyone グループが追加されていないことを確認する必要があります。
  5. データのバックアップ: Jira Cloud へインポートする前に Jira Server のデータをバックアップします。Jira Cloud サイト内にデータが存在する場合、同様に安全のためにバックアップします。 

Atlassian Cloud のセットアップ

次に、クラウド サイトにサインアップします。

  1. クラウドへのサインアップ: 移行する Jira 製品の無料の Jira Cloud トライアルにサインアップし、Atlassian Cloud サイト名 (URL) を選択します。サイト名は、Atlassian Cloud 製品に初めてサインアップする際 (例: Jira Software Cloud または Confluence Cloud への初回サインアップ時) に、Atlassian Cloud サイト全体に対して選択されます。 

    サイト名の形式は、https://example.atlassian.net です。ここで、example はユーザーが指定する一意の文字列です。
    サイト名を指定する際には、いくつかの点に考慮する必要があります。

    • 3 文字以上の一意の文字列にする必要があります。
    • 英数字とハイフンのみを使用できます。
    • 1 文字目または最後の文字をハイフンにすることはできません。
  2. 組織のセットアップ: 組織を使用すると、社内のすべての Atlassian Cloud ユーザーを 1 か所で確認し、ユーザーのアカウントを管理し、SAML SSO などのセキュリティ機能をセットアップすることができます。組織は、社内で 2 つ以上のサイトを使用していて、すべてのサイトと製品、およびそれらにアクセスできるユーザーを 1 か所で確認したい場合に非常に便利です。すべてのサイトで admin.atlassian.com にアクセスして組織を使用できます。詳細については「Atlassian 組織のセットアップ」をご参照ください。
  3. SSO のセットアップ: クラウド サイトで SSO を使用する予定の場合、移行時にユーザーがスムーズに利用開始できるよう、SSO を事前にセットアップすることをおすすめします。SSO をセットアップする前に、組織のドメインを検証する必要があります。SSO を使用するには Atlassian Access のサブスクリプションが必要である点にご注意ください。Atlassian Access は 30 日間無料で試用できます。

その他の考慮事項

  • Jira および Confluence の移行: Jira と Confluence の両方を移行する場合、最初に Jira を移行することをおすすめします。Jira より先に Confluence を移行した場合、Jira をインポートした時にクラウドからユーザーが削除されてしまいます。Jira とユーザーを移行したら、Cloud Migration Assistant for Confluence を使用し、Confluence Server から Confluence Cloud へ Confluence スペースを移行できます。

  • 移行サービス: 移行に関する支援が必要な場合、アトラシアン製品の豊富な移行経験を持つ、世界中に広がるパートナー ネットワークを利用できます。 お客様の移行を支援できるパートナーをお探しの場合、アトラシアン パートナーのページをご利用ください。

  • 年間クラウド サブスクリプション: Jira Cloud の年間サブスクリプションをお持ちの場合、インポートを計画している全ユーザーに対して十分なライセンスを購入していることを確認します。 たとえば、125 ユーザーのインポートを計画している場合、インポートを成功させるためには 101 ~ 200 人以上の年間ユーザー階層を持っている必要があります。 これは月間プランの場合は適用されません。インポートの失敗を防ぐため、移行の間は月間サブスクリプションを保持し、移行の完了後に年間サブスクリプションに切り替えることをおすすめします。

移行

必要な前提条件を満たし、移行前のフェーズに関連するタスクを完了すると、移行の実行準備が整います。以下の手順に従って移行を実施します。

  1. テスト移行の実行: テストまたはステージング サイトでトライアルを実行し、サイトの連携、機能、およびパフォーマンスが期待どおり動作し、移行がスムーズに実行されるかどうかを確認することをおすすめします。これは、無料の Jira Cloud トライアルを使用して行えます。テスト移行は次のことに役立ちます。
    1. 実際の移行の前に解決する必要がある潜在的な問題や手順の確認。
    2. 予想されるダウンタイムも含めた、実際の移行のタイムラインの明確化。
    3. Jira Cloud への移行前のデータの検証。
  2. タイムラインの構築: ユーザーの満足度のため、最適な移行ウィンドウを特定する必要があります。トラブルシューティングにかかる時間を考慮したうえで、移行にかかる時間を判断します。夜間、週末、またはチームの Jira へのアクセス頻度が低い時間に移行を実施することを検討します。これにより、サーバーとクラウドの間でデータの矛盾が発生するリスクを減らすことができます。
  3. クラウドへの移行: 移行を実施するには、Jira Server サイト全体 (すべてのプロジェクトを含む) をエクスポートし、そのデータを Jira Cloud にインポートする必要があります。「Jira Server から Jira Cloud への移行」の手順に従ってください。プロジェクト単位の移行は現在サポートされていません

    Jira Server のインポートはプロジェクトに関連付けられたすべてのデータを上書きし、バックアップ ファイルのプロジェクト データで置き換えます。

    また、すべてのユーザーに上書きすることも、インポート ファイルのユーザーを既存のクラウド ユーザーに統合することもできます。

    • すべてのユーザーを上書きすることを選択した場合は、Confluence へのアクセス権のみを持つユーザーを含む、クラウド サイトにいるすべての既存のユーザーが削除されます。

    • ユーザーを統合することを選択するとサーバー ユーザーの権限昇格が発生する可能性があるため、クラウド サイトに統合されるグループをよくご確認ください。

    サーバーからクラウドへの Jira の移行に関する詳細をご参照ください。

    クラウド サイトに既存のデータがあり、Jira Server から追加でデータを移行したい場合は、こちらの手順にしたがってください

    1. Jira Server から Cloud への移行では、次のデータがインポートされます。
      1. ユーザー、グループ、および権限。
      2. プロジェクト、課題、Jira 設定を含むサイト データ。
      3. サーバーで設定した任意のカスタム メール ハンドラー
      4. アプリケーション リンク。
      5. 添付ファイル、プロジェクト アバター、ロゴ。
    2. ただし次のデータは移行されません。
      1. 移行者のユーザー情報。移行を実行するユーザーは、移行後に自分自身を元のグループに再度追加する必要があります。
      2. アプリ: Jira Server から Jira Cloud への移行時に、バックアップ データにアプリのデータは含まれません一部のアプリはデータのエクスポートおよびインポート機能を提供していますが、これが使用可能かどうかをアプリの開発元に問い合わせたり、アプリのドキュメントで確認したりする必要があります。Atlassian Marketplace アプリのライセンスは https://my.atlassian.com/ でご覧いただけます。
      3. ユーザー アバター: ユーザーは移行後に id.atlassian.com で自分でアバターを更新する必要があります。
      4. パスワード: ユーザーは移行後に Jira Cloud でパスワードをリセットする必要があります。
      5. タイムゾーン: ユーザー プロファイル単位のタイムゾーン情報は失われます。

一般的なシナリオ

移行ではさまざまな事例が考えられます。一般的な移行シナリオと、それぞれへの対応方法についてのガイダンスを以下に示します。

移行のトラブルシューティング

移行中に問題が発生した場合、アトラシアンのさまざまなリソースを活用できます。最初に、アトラシアンの公開課題トラッカーで既知の問題を検索することをおすすめします。Jira の移行で発生するいくつかの一般的な問題についての情報 (ステータスや推奨される回避策など) を見つけることができます。

次のような既知の問題があります。

異なる問題が発生した場合や、移行に際して支援が必要な場合は、アトラシアンのテクニカル サポート チームや、アトラシアン コミュニティへのお問い合わせをご検討ください。

移行後

移行が正常に完了したら、一連の移行後のタスクを実行し、すべてがスムーズかつ効率的に機能していることを確認します。

  1. クラウド サイトの確認: 移行が完了したら新しい Jira Cloud サイトをレビューし、データと添付ファイルが正常に移行されていることを確認します。以下を推奨します。
    1. プロジェクトの一般的な項目 (例: コメント、添付ファイル、権限) の確認。
    2. さまざまなチームやユーザーが異なる機能やワークフローをテストするための時間の確保。
    3. アプリケーションの操作や機能をテストし、動作の違いが見られた場合はそれを特定して、必要に応じてユーザーに共有。 
  2. 自身をグループに再度追加: 移行を実行するユーザーの情報はインポートされません。つまり、移行を実行したユーザーは自分自身を以前のグループに再度追加する必要があります。
  3. ユーザーとグループの権限の確認: 移行が完了すると、すでに Atlassian Cloud アカウントを持っているユーザーはサイトに追加され、アカウントを持っていないユーザーにはアカウントが作成されます。プロジェクトとアクセス権限をレビューし、それが適切であるかどうかを確認することをおすすめします。ユーザーと権限はインポートされましたが、パスワードはインポートされていない点にご注意ください。SSO を有効化している場合を除き、Jira Server から移行されたユーザーは Jira Cloud でパスワードをリセットする必要があります。SSO を有効化している場合、ユーザーは SSO パスワードを使用してログインできます。
  4. アプリのインストール: インストールが必要なアプリを特定したら、それらを Jira Cloud サイトに追加します。

  5. クラウドでの操作の確認: Jira Cloud の新機能とそれらの活用方法を確認するには、Jira Software Cloud の製品ガイドを参照してください。Jira Cloud を初めて導入する場合、このリソースをユーザーと共有することもおすすめします。Jira Cloud の管理者として作業を開始する際は、Atlassian Cloud ドキュメントも便利です。
  6. チームを迎える: 移行が完了したら、組織の準備が整っていることを確認します。新しい jira Cloud サイトの情報をチームと共有する、包括的なローンチ コミュニケーション計画を作成することをおすすめします。これには次のようなトピックが含まれます。

    1. 移行後に必要なアクション
    2. ユーザーがパスワードをリセットする必要があるかどうか 
    3. 新しいサイトへアクセスする際に使用する URL
    4. 質問の問い合わせ先および問い合わせ方法。たとえば、課題やフィードバックを送信できるチャット ルームや課題トラッカーがあるかどうか
    5. ユーザーが認識しておくべき重大な変更
    6. その他の資料や FAQ へのリンク。
    7. Jira Cloud モバイル アプリについてユーザーに共有する
  7. ユーザーにパスワードのリセットを依頼: サイトをインポートすると、すべてのユーザーに対して Atlassian アカウントが作成されます。このアカウントは Jira Cloud サイトへのアクセスに使用できます。SSO を使用している場合を除き、ユーザーは移行後に Atlassian アカウント用に新しいパスワードを設定する必要があります。 
  8. ユーザーにアバターの更新を依頼: Jira Server のアバターは移行されないため、ユーザーは移行後に id.atlassian.com でアバターを更新する必要があります。詳細はこちらをご覧ください

  9. クラウドのセキュリティ ベスト プラクティスの順守: 組織のもっとも重要な作業を保護するための強固な基盤を築きましょう。詳細情報

Jira Cloud の利用を開始

これでクラウド管理者となったので、アトラシアンの最新の機能やバグ修正を即座に利用できます。インストール、アップグレード、およびパッチはアトラシアンによってシームレスに管理されるため、週末の対応は不要です。 

Atlassian Cloud ドキュメントブログをフォローすると、Jira Cloud 製品の全ユーザーに影響する主要な変更を追跡できます。これには、すべての Atlassian Cloud 製品にわたる新機能やバグ修正、およびその他の変更が含まれます (例: 新しい Jira クイック検索の紹介、プロジェクト ナビゲーションの変更)。

追加サポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。Jira の移行計画の詳細情報や FAQ については、Atlassian Cloud 移行センターを参照してください。

ストラテジー、ベスト プラクティス、または計画の疑問について支援が必要な場合、アトラシアンの移行計画のスペシャリストが Jira Server から Jira Cloud への移行計画をサポートします。 

技術的な質問がある場合や、問題が発生している場合は、テクニカル サポート チームにお問い合わせください。

また、アトラシアン コミュニティもご利用ください。

最終更新日: 2020 年 10 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.