Jira Cloud のプラン

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Cloud のさまざまなプランにより、ユーザーはビジネスの段階に適した機能を選択できます。すべてを共有する 3 人のチームから、可視性とコントロールがもっとも重要な数千人のスタッフを抱える大企業までの、さまざまなニーズに応えるプランをご用意しています。

各プランでの提供内容について

Jira Software のプランの比較


FreeStandardPremiumエンタープライズ
プランの説明
作業の計画および追跡の効率を上げる小規模なチーム向けさらに多くのものを協力して構築することに重点を置く成長途中のチーム向け作業のコラボレーションと追跡の方法を拡大する必要がある組織向けグローバルな拡張、セキュリティ、ガバナンスのニーズのある企業向け
機能
ユーザー数の制限
〜 10 ユーザー〜 20,000 ユーザー〜 20,000 ユーザー〜 20,000 ユーザー
サイト上限サイト制限によって、サブスクリプション プランでライセンスを付与するサイト (インスタンス) 数を制限します。 111無制限
スクラムおよびカンバンボード
(tick)(tick)(tick)(tick)
バックログ
(tick)(tick)(tick)(tick)
アジャイルレポート
(tick)(tick)(tick)(tick)
カスタマイズ可能なワークフロー
(tick)(tick)(tick)(tick)
アプリと連携
(tick)(tick)(tick)(tick)
自動化

どんなタスクやプロセスも数回のクリックで自動化できます。グローバル プロジェクトやマルチ プロジェクトの自動化では、単一のルールによって、必要な数のプロジェクトを自動化できます。詳細情報

Free プランと Standard プランのお客様は、グローバル プロジェクトおよびマルチ プロジェクトのルールを実行するトライアルの月間割り当て (それぞれ毎月 100 と 500) にアクセスできます。

Premium ユーザーは、1 有料ユーザーあたり毎月 1000 のグローバル プロジェクトおよびマルチ プロジェクトのルールを利用できます。例: Jira Cloud Premium のユーザー数が 200 名の場合、毎月実行できるグローバル プロジェクトまたはマルチ プロジェクトのルール数は 200,000 です。この数はすべての Jira ツールおよびユーザーを合わせた数です。Enterprise ユーザーがアクセスできる自動化の数は制限されていません。

単一プロジェクト単一プロジェクトグローバル プロジェクトおよびマルチ プロジェクトグローバル プロジェクトおよびマルチ プロジェクト
Roadmaps

チームについて、プランの全体像を描きます。Atlassian の Basic Roadmaps は、チームのロードマップ構築を想定しています。Advanced Roadmaps は複数のチームにわたるプラン構築を想定しています。詳しくはこちら。

Basic (基本)Basic (基本)AdvancedAdvanced
依存関係を管理

プロジェクトを期日どおり実施できるように、チーム内、および組織全体の依存関係を追跡します。基本的な依存関係の管理は、チーム内の依存関係をマッピングできるよう設計されています。高度な依存関係の管理は、複数のチーム間で依存関係をマッピングできるよう設計されています。





プロジェクトロール

(tick)(tick)(tick)
高度な権限

(tick)(tick)(tick)
キャパシティ計画

チームにスコープされている業務を完了するための処理能力があるかどうかを説明し、目標に向けて正しく進めます。各スプリントについて複数チームのキャパシティをスプリントベースでご覧ください。



(tick)(tick)
プロジェクトアーカイブ


(tick)(tick)
管理者コントロール
ドメインの検証とアカウントのキャプチャ
(tick)(tick)(tick)(tick)
セッション時間の管理 (デスクトップ)
(tick)(tick)(tick)(tick)
管理インサイト


(tick)(tick)
サンドボックス

本番環境からのデータのクローン作成機能だけでなく、分離された安全なサンドボックス環境で構成変更、製品の更新などをテストおよびプレビューします。詳細情報



(tick)(tick)
リリース管理

クラウドのリリースをバッチ処理し、エンドユーザーが更新を計画、準備するための時間を管理者に確保します。詳細情報



(tick)(tick)
セキュリティとコンプライアンス
Atlassian Access (SSO、SCIM、Active Directory の同期)
Access のサブスクリプションが必要Access のサブスクリプションが必要Access のサブスクリプションが必要含まれるもの
パスワード ポリシー
(tick)(tick)(tick)(tick)
転送中および保存時の暗号化
(tick)(tick)(tick)(tick)
事業継続とディザスタリカバリ
(tick)(tick)(tick)(tick)
匿名アクセス

(tick)(tick)(tick)
監査ログ

(tick)(tick)(tick)
匿名アクセス

(tick)(tick)(tick)
IP 許可リスト


(tick)(tick)
データ レジデンシー

企業のポリシーとコンプライアンス要件に一致するよう、Atlassian のグローバル クラウド フットプリント内でデータをホストする場所を指定します。詳細情報




(tick)
ストレージ、サポート、請求
ストレージ
2 GB ファイル ストレージ250 GB ファイル ストレージ無制限のストレージ無制限のストレージ
サポート

コミュニティ サポート

現地営業時間

24 時間 365 日の Premium サポート

24/7 Enterprise サポート

アップタイム SLA の保証


99.9%

99.95%

ユーザー単位の一元化されたライセンスすべてのサイト (インスタンス) に単一ライセンスでユーザー入力を可能にする、ユーザー単位の集中型サブスクリプション モデル。


(tick)

価格のお見積りについては、Jira Software の価格ページをご確認ください。

Jira Work Management のプランの比較

FreeStandard
ユーザー数の制限〜 10 ユーザー〜 10,000 ユーザー
ストレージ2 GB250 GB
サポートコミュニティ サポート9 時から 5 時までのスタンダード サポート
スクラム (Jira Software) およびカンバン ボード(tick)(tick)
アジャイル レポート (Jira Software)(tick)(tick)
カスタマイズ可能なワークフロー(tick)(tick)
ロードマップ (Jira Software のチーム管理対象プロジェクト)(tick)(tick)
単一プロジェクトの自動化無制限無制限
グローバルおよび複数プロジェクトの自動化実行回数 100 回 / 月実行回数 500 回 / 月
プロジェクト権限-(tick)
プロジェクトへの匿名アクセス-(tick)
課題の権限-(tick)
監査ログ-(tick)
サンドボックス--
リリース管理--
データを領域にピンする--
アップタイム SLA--

価格のお見積りについては、Jira Work Management の価格ページをご確認ください。

Jira Service Management のプランの比較

FreeStandardPremiumエンタープライズ
ユーザー数の制限〜 3 エージェント〜 5,000 エージェント〜 5,000 エージェント〜 5,000 エージェント
顧客制限無制限無制限無制限無制限
ストレージ2 GB250 GB無制限

無制限

サポートコミュニティ サポート9 時から 5 時までのスタンダード サポート24 時間 365 日のプレミアム サポート24/7 Enterprise サポート
マルチチャネル サポート(tick)(tick)(tick)(tick)
カスタマイズ可能なワークフローと SLA(tick)(tick)(tick)(tick)
カスタム レポート(tick)(tick)(tick)(tick)
自動化 (tick)(tick)(tick)(tick)
グローバルおよび複数プロジェクトの自動化実行回数 100 回 / 月実行回数 500 回 / 月実行回数 1,000 回 / ユーザー / 月 (合計)実行回数 1,000 回 / ユーザー / 月 (合計)
課題レベルのセキュリティ設定-(tick)(tick)(tick)
監査ログ-(tick)(tick)(tick)
サンドボックス--(tick)(tick)

リリース管理

--(tick)(tick)

データを領域にピンする

---(tick)

アップタイム SLA

--99.9%99.95%

価格のお見積りについては、Jira Service Management の価格ページをご確認ください。

Free

Free プランは、Jira を使い始めたばかりの 10 人未満の小規模チームのためのものです。

Free プランでは、以下が提供されます。

Free プランの制限事項

Jira Cloud 製品で Free プランを利用する際は、次の機能に制限があります。

  • 権限、ロール、および課題レベルのセキュリティ
  • 監査ログ
  • メール通知
  • Jira Cloud を拡張するアプリ
  • 異なるチーム間で複数のプロジェクトを追跡できる Advanced Roadmaps 

Jira Cloud のすべての製品が Free プランの場合、120 日間非アクティブな状態が続くと、それらの製品は無効化されます。

Free プランでの非アクティブな製品の無効化とその他の制限事項をご確認ください

Standard

チームが成長し、より厳格なアクセス制御、大量のファイル ストレージ、より良いサポートが必要になったら、Standard または Premium に移行できます。

Standard プランでは以下のようになります。

  • Jira Software は最大 20,000 人のユーザー (Jira Work Management は 10,000 人、Jira Service Management は 5,000 エージェント)
  • ファイル ストレージ 250 GB
  • 高度な権限、ロール、および企業管理対象プロジェクト間での権限の共有
  • 重要な変更を追跡するための監査ログ
  • スタンダード サポート (お客様のタイムゾーンの平日の午前 9 時から午後 5 時まで利用可能)

Advanced Roadmaps を使用すると、ユーザーやチームは異なるチームを横断して複数のプロジェクトを追跡できます。Jira の強力なプロジェクト追跡機能を活用するには、プランを Premium にアップグレードしてください。


Premium

Premium プランは Jira Software および Jira Service Management で利用可能です。このプランでは Premium 専用のカスタマー サポートなど、最高レベルのメリットを活用できます。

Jira Software および Jira Service Management の Premium プランでは、以下のようになります。

  • 無制限のファイル ストレージ
  • プレミアム専用の、アトラシアンの 24 時間 365 日のサポート
  • 99.9 % アップタイムのサービス レベル合意 (SLA)
  • 異なるチーム間で複数のプロジェクトを追跡できる Advanced Roadmaps
  • サンドボックス
  • リリース管理

エンタープライズ

Enterprise プランは Jira Software および Jira Service Management で利用可能です。このプランでは、Premium プランの機能に加えて以下を利用できます。

  • プロダクト コンテンツを停止状態でデータ領域にピン – 詳細を見る

  • ユーザーに Jira Software Enterprise プラン製品への無制限のアクセス権を付与し、支払いはユーザーごとに一度のみ

  • 99.95% アップタイムのサービス レベル アグリーメント (SLA) を取得する

Enterprise の試用または Enterprise プランへの変更のお問合せは、お問合せフォームに入力してください。Atlassian のチームが折り返しご連絡いたします。

継承された Jira Work Management プラン

Jira Software と Jira Service Management は、Jira Work Management を基に構築されています。Jira Software または Service Management のライセンスをお持ちの場合は、ビジネス チーム用のプロジェクト テンプレートを含む Jira Work Management もご利用いただけます。継承される Jira Work Management プランは、他の Jira Cloud 製品のプランに応じて異なります。

他のすべての Jira Cloud 製品が Free プランの場合は、Jira Work Management の Free プランの機能を利用できます。Standard、Premium、または Enterprise の Jira Cloud 製品をご利用の場合は、Jira Work Management Standard の機能を利用できます (Jira Work Management には Premium または Enterprise はありません)。

Jira Work Management のライセンスを明示的にアクティブ化していない場合は、現在のプラン レベルに関連付けられた機能を使用できますが、Jira Work Management 用には別のユーザーを許可できません。Jira Work Management のユーザーを追加するには、Jira Work Management 用のプランをアクティブ化します。

プランの変更

すでに Jira Cloud を使用している場合は、現在の請求サイクルと次の請求サイクルの残りの期間に、追加料金なしで別のプランをお試しいただけます。継続しない場合は、トライアル期間中にいつでもキャンセルできます。トライアル中は新しいプランで利用可能なすべての機能をご利用いただけますが、Premium または Enterprise プランに含まれる SLA 補償はトライアル期間の終了後に開始されます。トライアル期間が終了すると、新しいプランに移行して請求サイクルの終了時に新しい金額が請求されます。Free プランをお持ちで別のプランを無料で試す場合は、Standard プランを 14 日間、Premium プランを 30 日間お試しいただけます。Enterprise プランを試す場合は、こちらからお問い合わせください。

tip/resting Created with Sketch.

ご利用中のプランが不明な場合、[設定]() > [請求] > [サブスクリプションの管理] を選択します。各製品のプランが、製品名の横に表示されます。 

下位のプラン レベルに変更する場合、請求期間が終了するまで、現在のプランで利用可能な機能を引き続きご利用いただけます。


サイトのプランを変更するには、Atlassian Cloud のサイト管理者である必要があります。サイト管理者の詳細をご覧ください

サイトのプランを変更するには、次の手順を実行します。

  1. [設定] () > [請求] > [サブスクリプションの管理] を選択します。
  2. プラン名の横にある [変更] を選択します。

これで新しいプランを試せるようになりました。

Jira Cloud 製品を Free プランに変更するには、ユーザーが 10 人以下 (Jira Software または Jira Work Management) またはエージェントが 3 人以下 (Jira Service Management) である必要があります。プランの変更時にこの制限を超えていると、変更に失敗して現在のプランのままになります。

Jira Server インスタンスの Free クラウド移行トライアル

Jira Server を使用していて Jira Cloud のトライアルを使用している場合、無料のクラウド移行トライアル期間は既存の Server ライセンス期間の残りの期間 (最大 12 か月) 有効です。トライアル期間に Free プランに変更すると、クラウド移行トライアルは即座に終了します。追加機能を使用するには、Standard または Premium の Jira Cloud プランにアップグレードしていただく必要があります。このため、無料クラウド移行トライアル中の場合、Free プランへの変更は推奨されません。詳細は、「サーバーおよび Data Center のお客様向けのクラウド移行トライアル」でご確認ください

最終更新日 2021 年 7 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.