開発ツールとの連携

robotsnoindex

Jira Software を互換性の高い開発ツールと接続することで、チームは、開発作業に関連した広範囲の機能や情報を活用できます。

連携機能

各開発ツールに Jira Software を接続したときに利用できる機能は、次のとおりです。

課題の開発パネル

 開発パネルが Jira Software の課題の表示画面に表示されます。開発者アクティビティを要約します。 

  • Bitbucket CloudBitbucket Server、または FishEye の特定の課題に関連するブランチ。課題から新しいブランチをリポジトリに直接作成します。
  • Bitbucket CloudBitbucket Server、または Fisheye の特定の課題に関連するコミット
  • Bitbucket Cloud または Bitbucket Server の特定の課題に関連するプルリクエスト。課題から直接新しいプルリクエストの作成を開始します。
  • Crucible 内の特定の課題に関連するレビュー。課題から直接新しいレビューの作成を開始します。
  • Bamboo および Bitbucket Pipelinesビルド
  • Bamboo の課題に関連するデプロイ (Bitbucket Pipelines のデプロイはリリース パネルに表示されます)。
  • GitHub and GitHub Enterprise: view commits, branches, and pull requests
  • GitLab and Git for Jira integration: view commits, branches, and pull requests

詳細については、「課題の開発情報を閲覧する」を参照してください。

ワークフロー トリガー

ワークフロー トリガーを使用して、Jira Software の課題を開発ツール (Fisheye/Crucible、Bitbucket、GitHub) 内の情報と常に同期させておくことができます。

ブランチの作成、コードのコミット、レビューの完了、またはプル リクエストのマージ後に開発者が課題のステータスを手動で更新する代わりに、開発ツールでこれらのイベントが生じたら自動的に課題をトランジションするよう、ワークフローにトリガーを設定できます。たとえば、ブランチが作成されたら課題を「TO DO」から「進行中」に自動的にトランジションするようにトリガーを設定することもできます。

ワークフロー トリガーのセットアップ手順については、「ワークフロー トリガーの構成」を参照してください。

リリース ハブ

リリース ハブはバージョンの進捗状況を示すため、ユーザーはリリースが近い課題を簡単に確認できます。各課題に関連するコミット、ビルド、および (Bamboo) デプロイメントが表示されるため、リリースに向けて潜在的な問題を抱える開発課題を識別するのに役立ちます。

 

準備が整っている場合、リリース ハブからバージョンをリリースすることも可能です。これにより、バージョンを完了としてマークし、未完了の課題を他のバージョンに移動し、リリース ビルドをトリガーします。

 

リリース ハブに関する詳細について: バージョンの進捗状況を確認する

動作の仕組み

開発ツールが Jira Software と連携されている場合、開発者が課題キーを入力するだけで課題が自動的にリンクされます。

  • コミットメッセージに課題キーが含まれる場合、コミットは自動リンクされます。

  • ブランチ名に課題キーが含まれる場合、ブランチは自動的にリンクされます。

  • プルリクエストのタイトルや、ソースブランチ名に課題キーが含まれる場合、プルリクエストは自動的にリンクされます。

  • レビューのタイトルに課題キーが含まれる場合、またはレビューから 課題がリンクされている 場合、レビューは自動的にリンクされます。

  • ビルドのリンクはツールに応じて異なります。

    • Bamboo: コミット メッセージに課題キーが含まれている場合、自動的にリンクされます。

    • Pipelines: ブランチ名に課題キーが含まれている場合、自動的にリンクされます。
  • ビルドに含まれるコミットのコミット メッセージに課題キーが含まれる場合、デプロイは自動的にリンクされます。 

課題キーは既定の Jira キーの書式に従っている必要があることにご注意ください。つまり、2 つ以上の大文字 ([A-Z][A-Z]+) に、ハイフン、課題番号を続けます (例: ABC-123)。

トリガーがプロジェクトのワークフローで設定されている場合、開発者ツールによって発行された特定のイベントは、自動的に課題をトランジションします。

詳細:

  • [開発] パネルでデータを参照できる一部のユーザーには、詳細ダイアログのすべての情報を表示する権限がない場合があります。これは、Jira Software がリンクされたアプリケーションで適切な権限について確認するためです。
  • ダイアログの上部と開発パネルのサマリーに一意のアイテムの数が表示されますが、詳細ダイアログ(たとえば、コミットのダイアログ)では重複して表示される場合があります。たとえば、Bitbucket サーバーと FishEye が Jira Software にリンクされていて、同様に FishEye が Bitbucket サーバーに接続され、その結果、FishEye はコミットもレポートします。
  • 課題にリンクされたコミットが Bamboo の失敗ビルドに含まれている場合、後で成功したビルドに元のコミットが含まれていなくても、最初に成功したビルドが報告されます。
  • 開発パネルは、課題のソース タブ、コミット タブ、ビルド タブ、デプロイメントパネルに置き換わっています。したがって、たとえば、ソース タブは表示されず、開発パネルから Bitbucket サーバーのコミットにアクセスします。ただし、接続されたアプリケーションがサポート対象バージョンより古い場合は、そのアプリケーションからの情報は開発パネルではなく、これらのタブに引き続き表示されます。

Jira Software と開発ツールの接続

Atlassian Cloud アプリケーション

Jira Cloud を使用する場合、Confluence などのご使用の Cloud サブスクリプションの一部であるほとんどのアプリケーションは自動的に接続されます。開発ツールの連携機能を使用するための特別な操作は不要です。Jira Software を Bitbucket Cloud に接続する場合は操作が必要になります。

Jira Software と Bitbucket Cloud の接続

Jira Cloud インスタンスを Bitbucket Cloud と接続することができます。これにより、最新のブランチ、コミット、プル リクエスト アクティビティ、ビルド、およびデプロイメントを表示するように、Jira 課題が自動的に更新されます。詳細は、「Jira Cloud と Bitbucket Cloud の接続」を参照してください。

Jira 課題の下部にあったコミットタブは廃止されましたのでご注意ください。

Jira Software と GitHub の接続

Jira Cloud インスタンスを GitHub および GitHub Enterprise と接続することができます。これにより、最新のブランチ、コミット、およびプル リクエスト アクティビティを表示すると、Jira 課題が自動的に更新されるます。詳細については、「Jira Cloud と GitHub の接続」を参照してください。

Jira 課題の下部にあったコミットタブは廃止されましたのでご注意ください。

アトラシアン サーバーアプリケーションへのリンク

アプリケーション リンクを設定することで、Jira Software Cloud インスタンスをローカルにインストール済みのアトラシアンの開発ツール (Bitbucket Server、Bamboo、Fisheye または Crucible) のインスタンスにリンクできます。「AppLink を使用して他のアプリケーションにリンクする」を参照してください。

JIRA Cloud と接続するには、アトラシアン サーバーのアプリケーションはポート 80 (または有効な SSL 証明書のあるポート 443) を介してアクセス可能でなければなりません。 これを行うには、リバースプロキシの後ろにサーバーを設定する必要がある場合もあります。詳細は、次のページを参照してください。

サーバーへの公衆アクセスを制限するには、公開されている Atlassian Cloud IP アドレスへの着信接続を制限することを検討します。「Atlassian Cloud が使用する IP アドレス範囲」を参照してください。

Jira Cloud と アトラシアンのサーバーアプリケーションを併用する場合、いくつかの制約事項があります。

  • アクティビティストリーム フィードは、Jira Cloud のアクティビティタブには表示されません。
  • サーバのユーザーおよびグループ管理を Jira Cloud に代行させることはできません。

プロジェクト用の開発ツールの設定

プロジェクト管理画面の開発ツール セクションには、Jira Software インスタンスに接続された開発ツールの概要と、Jira とツール間の連携を利用できるユーザーに関する概要が表示されます。ユーザーが開発パネルを表示するには、Jira Software アプリケーションに対するアクセス権限が必要です。匿名ユーザー (ログインしていないユーザー) および Jira Software アプリケーションに対する明示的なアクセス権限を持っていないユーザーは、パネルを表示できません。 

表示権限

表示権限セクションには、Jira Software 課題で開発パネルを表示できるユーザー グループが一覧表示されます。開発パネルには、ブランチ作成リンクが表示されます。また、関連するコミット、プルリクエスト、レビュー、およびビルドの数やステータスなど、開発プロセスの概要情報も表示されます。パネルの公開範囲は、"開発ツールの表示" プロジェクト権限によって制御されます。

アプリケーション

アプリケーション セクションでは、 Jira Software と統合される開発ツールが一覧表示されます。

サポート対象バージョン

各アプリケーションの最新バージョンを使用することをお勧めします。以下の表は、Jira Software との連携に必要な開発ツールの最新バージョンを示しています。

  • Fisheye/Crucible: バージョン 3.3+
  • Bamboo: バージョン 5.4+
  • Bitbucket: 現在のクラウド バージョンまたはサーバー バージョン 4.0+ (Stash バージョン 2.10+)
  • GitHub: 最新のクラウド バージョン
  • GitHub Enterprise: バージョン 11.10.290+
  • GitLab: the current cloud version
  • Git for Jira integration: the current cloud version

トラブルシューティング

Jira Application Development panel displays error - Couldn't read data

最終更新日: 2020 年 10 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.