Confluence との連携

Confluence とは?

Confluence はコンテンツの作成と協業のためのプラットフォームであり、チームをコンテンツ、ナレッジと結びつけ、チームがより早く協業して作業を終わらせることができるようにします。Confluence のスペースは ページ上で Jira プロジェクトに関連するリッチコンテンツを作成したり整理するのに非常に役に立ちます – 会議の議事録、プロジェクトの計画、要件ドキュメント、リリースノート、ロードマップ等に利用できます。

Confluence との連携により、チームは Confluence 内で Jira アプリケーションの課題を共有し、話し合い、作業を行うとともに、サービスデスクの顧客向けにナレッジ記事を作成できます。Confluence を Jira アプリケーションと統合するメリットを得るには、次のようないくつかの方法があります。

項目

できること

バグ 不具合のワークアラウンドを記述するためのナレッジベースを作成します
新機能

新しい機能のための製品要件ドキュメントを作成する

セルフサービス 顧客が自分で解決方法を見つけるために、カスタマー ポータルに表示するナレッジ記事を作成する
一般的なJira のユースケース

課題についてドキュメントを作成し、チームと協業する

ここにあるのは Confluence でできることのごく一部です :

  • ページの共有 
  • ページのウォッチ
  • サービスデスクの課題からナレッジ記事を作成する
  • 協業のためにコメントする、とりわけ @メンションを利用する
  • チームのネットワークを構築し、 ステータスを更新することによって、自分が取り組んでいる作業をチームに知らせる
  • 画像、画像ギャラリー、ビデオ等を追加する
  • 様々なコンテンツマクロを有効にする

Confluence を Jira に追加する準備が整ったら、Jira のサイドバーで [ページ] へ移動して、無料トライアルを開始します。これは、[アプリケーションの管理] からいつでもキャンセルできます。

詳細については、「Jira と Confluence との連携」をご参照ください。 

Jiraユーザー向けの Confluence 機能

Jira のユーザーが享受できるいくつかの Confluence のすぐれた機能は以下になります。

製品の要件を定義する

新しい製品の機能を検討するのに、多くのユーザーは Confluence を利用して製品要件に関するドキュメントを作成します。製品要件ブループリントは、開発チームが協業して、製品要件を作成、議論し、整理するのに役立ちます。Confluence にある製品要件を、Jira の課題にリンクさせることは簡単です。

詳細についてはブループリントを確認してください。

  • ドキュメントのプロパティを定義し、ページプロパティレポート マクロで任意のページに表示をします。
  • ステータスマクロを使用して製品要件の状況を伝えます。
  • @メンションを使用して、主要な関係者への自動的に通知します。

Confluence のチーム カレンダー: Jira を俯瞰する

Confluence のチームカレンダー上に、Jira の作業をすべて表示させます。

  • タイムライン カレンダー:   3 ヶ月先の予定を表示します。
  • JQL サポート: バージョン、課題、アジャイルのスプリントを追跡します。
  • 日付範囲:  次に予定されている作業量を把握するための課題を経時的に可視化します。

この機能をインストールするためにはAtlassian Marketplaceを利用してください。

Jira 課題マクロを使用して任意の Confluence ページに課題を挿入する

Jira 課題マクロを利用すると、あらゆる Jira 検索結果を、任意のフィールドやフィールド順で Confluence ページに埋め込むことができます。Jira 課題マクロでは次のことを行えます。

  • JQL または Jira URL を利用した検索結果に基づき、ページ上に Jira 課題の表を表示する。
  • Jira のサイトから単一の課題を表示する、または、JIRA のサーチ結果から選択された課題のサブセットを表示する
  • Jira サイトの課題数を表示する
  • Jira のサイト上に新しい課題を作成し、ページ上に表示する

自動変換により、課題、バックログ、およびタスクについてのレポート作成を、コピー アンド ペーストと同じぐらい簡単に実行できます。Jira と Confluece を接続しているときに、個々の Jira 課題や Jira クエリの URL をエディタに貼り付けると、それらはただちに Jira 課題マクロに変換されます。

Jira 課題マクロを使用する Confluence ページで課題がメンションされるたびに、Jira はそのページへの課題リンクを自動的に作成します。課題に対する仕様、ナレッジベース記事、タスクに対するプロジェクトの概要などに利用できます。

最終更新日 2019 年 5 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.