CSVからのデータのインポート

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

別の課題トラッカーから移行する場合、データをカンマ区切り値 (CSV) ファイルにエクスポートし、そのファイルを Jira Cloud アプリケーションにインポートすることができます。CSV ファイルは表形式データを表すテキストファイルで、表形式データを処理するほとんどのアプリケーションでサポートされます。 

CSV ファイルの準備

Jira にインポートする CSV ファイルを作成する場合、すべてのフィールドがカンマで区切られていることと、すべてのコンテンツ (カンマと改行を含む) が引用符で囲まれていることを確認してください。特定のファイル要件とデータ構造の詳細については、下記を参照してください。 

Microsoft Excel と OpenOffice を使用する場合、セル内の値を引用符で囲む必要はありません。これらのアプリケーションでは、自動でこの処理が行われます。

CSV ファイルの要件

各 CSV ファイルには、要約列を持つ見出し行が存在する必要がある

CSV ファイルのインポート ウィザードは、CSV ファイルの見出し行を使用して、ファイルの 2 行目以降のデータを Jira のフィールドにどのようにマッピングするかを決定します。

見出し行には句読点を含まないようにします (各列を区切るコンマは除く)。これを行わない場合、インポーターが正しく機能しない可能性があります。

見出し行には要約データの列が含まれている必要があります

列/フィールドのセパレーターとしてのコンマは省略不可

たとえば、以下は有効です。

Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
"Test issue", bob@example.com, bob@example.com, 1, ,

しかし、以下は無効です。

Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
"Test issue", bob@example.com, bob@example.com, 1


CSV ファイルの構造

複数行にまたがるデータを取得する

CSV ファイルで二重引用符 (") を使用して、複数行にまたがるデータを囲みます。たとえば、Jira では以下を単一レコードを持つ有効な CSV ファイルとして扱います。

Summary, Description, Status
"Login fails", "This is on
a new line", Open

特殊文字を文字どおりに扱う

テキスト部分を二重引用符 (") で囲むと、その範囲の特殊文字を文字どおりに扱うように指定できます。このデータがインポートされると、これらの特殊文字は Jira のフィールド データの一部として保存されます。特殊文字の例としては、キャリッジ リターン/改行文字、コンマなどがあります。

二重引用符を文字どおり扱うには、もう 1 つ二重引用符を追加することができます。

"Clicking the ""Add"" button results in a page not found error"

...これをインポートすると、次のように Jira に保存されます。

Clicking the "Add" button results in a page not found error

複数の値を単一のフィールドに集約する

複数の値を許可する単一の Jira フィールド (修正対象バージョン、影響バージョン、コンポーネント、ラベルなど) には複数の値をインポートできます。これを行うには、同じフィールドにインポートしたいそれぞれの値について、CSV ファイルで同じ列名を指定する必要があります。指定される列名の数は、マッピングされるフィールドに集約される値の最大数と一致している必要があります。

例:

IssueType, Summary, FixVersion, FixVersion, FixVersion, Component, Component
bug, "First issue", v1, , , Component1,
bug, "Second issue", v2, , , Component1, Component2
bug, "Third issue", v1, v2, v3, Component1,

上記の例では、2 番目の課題のコンポーネント フィールドと 3 番目の課題の修正対象バージョン フィールドはインポート後に、関連するフィールドに複数の値を生成します。

添付ファイルをインポートする

CSV ファイルから作成された課題には、ファイルを添付できます。これを行うには、CSV ファイル内の添付ファイル列で、添付ファイルの URL を指定します。

Assignee, Summary, Description, Attachment, Comment
bob@example.com, "Issue demonstrating the CSV attachment import", "Please check the attached image below.", "https://jira-server:8080/secure/attachment/image-name.png", "01/01/2012 10:10;Admin; This comment works"
bob@example.com, "CSV attachment import with timestamp,author and filename", "Please check the attached image below.", "01/01/2012 13:10;Admin;image.png;file://image-name.png", "01/01/2012 10:10;Admin; This comment works"

添付ファイルの URL では HTTP と HTTPS プロトコルがサポートされ、Jira Cloud サイトがアクセス可能な場所であればどこにでも配置できます。

サブタスクの作成

以下を行うことで、課題のサブタスクを作成することができます。

  • CSV ファイルに見出し "課題 ID" および "親 ID" の 2 つの列を追加
  • それぞれの標準 (非サブタスク) 課題の "課題 ID" 列に一意の連続した番号が設定されていることを確認します。標準課題の "親 ID" フィールドには値を含めないようにします。
  • 標準課題に設定された固有の "課題 ID" 番号を、サブタスクの "親 ID" 列で参照します。サブタスクの "課題 ID" フィールドには値を含めないようにします。

この例で、CSV ファイルの "課題 ID" フィールドと "親 ID" フィールドを、Jira の対応する "課題 ID" および "親 ID" フィールドに一致させた場合、4 番目の課題が 2 番目の課題のサブタスクになります。

IssueType, Summary, FixVersion, FixVersion, FixVersion, Component, Component, Issue ID, Parent ID, Reporter
Bug, "First issue", v1, , , Component1, , 1, , abcde-12345-fedcba
Bug, "Second issue", v2, , , Component1, Component2, 2, , fedcb-12345-edcba
Bug, "Third issue", v1, v2, v3, Component1, , 3, , abcde-12345-fedcba
Sub-task, "Fourth issue", v1, v2, , Component2, , , 2, fedcb-12345-edcba

複数の Jira プロジェクトに課題をインポートする

以下を行うことで、課題を CSV ファイルから様々な Jira プロジェクトにインポートできます。

  • CSV ファイルに見出し "プロジェクト名" および "プロジェクト キー" の 2 つの列を追加
  • CSV ファイル内のすべての課題で、対応する Jira プロジェクトの名前とキーそれらの列に含める

プロジェクト名とキーのデータが、特定の Jira プロジェクトに課題を CSV からインポートするための最小限の Jira プロジェクト データとなります。

この例では、CSV ファイルの "プロジェクト名" と "プロジェクト キー" フィールドを Jira の対応するプロジェクト名およびプロジェクト キー フィールドに一致させている場合、1 番目と 2 番目の課題は "Sample" プロジェクト (プロジェクト キー "SAMP") にインポートされ、3 番目の課題は "Example" プロジェクト (プロジェクト キー "EXAM") にインポートされます。

IssueType, Summary, Project Name, Project Key
bug, "First issue", Sample, SAMP
bug, "Second issue", Sample, SAMP
task, "Third issue", Example, EXAM

未解決の課題の処理方法

解決状況、優先度、課題タイプへのフィールド マッピングについては、Jira で利用可能な値を示す一覧が提供されます。緑色のプラス記号をクリックすれば、Jira に存在しない値を作成できます。

また、ステータスにマッピングするフィールドの利用可能な値のリストも表示されます。ただし、新しいステータス値を作成することはできません。

[解決状況]、[優先度]、[課題タイプ]、および [ステータス] フィールドでは、次の項目を選択できます。

  • 空白としてインポート - これによって、そのフィールドの Jira の値は空白になります。未解決の課題をインポートする場合、解決状況フィールドをマッピングするフィールドを作成し、値を "未解決" から "空白としてインポート" に変更する必要があります。
  • マッピングなし - これは CSV ファイルの値をそのままインポートしようとするものです。対象の値をサポートしていない Jira フィールドにフィールド値をマッピングするとインポートが失敗するので注意してください。ステータスと課題タイプへのフィールド マッピングについては、 "空白としてインポート" を選択した場合、既定値が使用されます。

作業ログ エントリのインポート

CSV ファイルには作業ログ エントリを含めることができます。例:

Summary,Worklog
Only time spent (one hour),3600
With a date and an author,2012-02-10 12:30:10;wseliga;120
With an additional comment,Testing took me 3 days;2012-02-10 12:30:10;wseliga;259200

消費時間の追跡には秒を使用する必要があることに注意してください。

複数選択カスタムフィールドへのインポート

CSV ファイルには、1 つの複数選択カスタムフィールドへの複数のエントリを含めることができます。例:

Summary,Multi Select,Multi Select,Multi Select
Sample issue,Value 1,Value 2,Value 3

これは、複数の値を持つ複数選択カスタムフィールドにデータを追加します。

カスケード選択カスタム フィールドへのインポート

次の構文を使用して、カスケード選択カスタム フィールドに値をインポートできます。

Summary, My Cascading Custom Field
Example Summary, Parent Value -> Child Value

"->" セパレーターを使用すると、 階層をインポートできます。

既存の課題の更新

既存の課題を更新するには、CSV ファイルに課題キーにマップする列が含まれている必要があります。所定のキーに対応する課題が存在する場合、その課題が更新されます。

この例では、2 行目によって TT-1 が作成され、3 行目で投票数が 7 に設定されて 2 つのラベルが追加され、4 行目で課題の要約が変更されます。次の行では、2 つのラベルがついた課題 TT-2 が作成されます。最後の行で、<<!clear!>> 特殊文字マーカーの付いたラベルが削除されます。

issue key,summary,votes,labels,labels
TT-1,Original summary,1,label1,label2
TT-1,,7,label-1,label-2
TT-1,Changed summary,,,
TT-2,Original summary 2,1,label-1,label-2
TT-2,,<<!clear!>>,<<!clear!>>,

CSV をインポートして既存の課題を更新する場合、CSV で指定されていない列は既定値にリセットされます


CSV ファイルのインポート

CSV ファイルの準備ができたら、Jira 管理者として Jira Cloud サイトにログインし、インポート プロセスを開始します。

ファイルのアップロード

  1. > [システム] を選択します。
  2. [インポートとエクスポート] セクションで、[外部システムのインポート] > [CSV] の順にクリックします。
  3.  CSV ソースファイルを選択します。 
  4. 設定ファイルがない場合や、新しく設定ファイルを作成する場合は、[既存の設定ファイルの使用] チェックボックスは選択しないでください。設定ファイルは、CSV ファイルの見出し行の列名と Jira サイトのフィールド間のマッピングを指定します。CSV インポートプロセスの最後に、次回以降の CSV インポートで使用できる設定ファイルが Jira によって作成されます。 
  5. [詳細設定] セクションを展開してファイルのエンコード (既定では UTF-8) および CSV 区切り記号を変更します。CSV ファイルでコンマ以外の別の区切り文字を使用する場合、[CSV 区切り記号] フィールドでその文字を指定します。
  6. [次へ] をクリックします。

プロジェクトのマッピングのセットアップ

  1. すべての課題を 1 つの (新規または既存の) Jira プロジェクトにインポートするか、複数の Jira プロジェクトにインポートするかを選択します。このステップを完了するには、以下を入力します。

    1. Jira プロジェクトにインポート - すべての課題を 1 つのプロジェクトにインポートする場合、[プロジェクトを選択] を選択できます。Jira に存在するプロジェクトの名前またはキーを入力するか、ドロップダウンから [新規作成] を選択して新しいプロジェクトを追加します。新しいプロジェクトには名前、キー、およびリードが必要です。

      課題を複数の Jira プロジェクトにインポートする場合、[CSV で定義] を選択します。CSV ファイルのすべての課題にプロジェクト名とキーのデータが含まれていることを確認します。

    2. 新しいユーザー用のメール サフィックス - CSV ファイルで指定され、インポート中に Jira に追加される新規ユーザー用のメール アドレスのドメインを入力します。

    3. インポート ファイルの日付形式 - CSV ファイルで使用される日付形式を指定します。Java SimpleDateFormat に準拠した構文を使用します。
  2. [次へ] をクリックします。

フィールドのマッピングのセットアップ

  1. [インポート] 列で、選択した Jira プロジェクトにインポートしたい、CSV ファイルの見出し行で定義された各 CSV フィールドを確認します。選択したフィールドの 1 つ以上に要約フィールドを含める必要があることに注意してください。CSV ファイルで見出し行に同じフィールド名が複数含まれている場合、CSV インポート プロセスでは、これらを 1 つのフィールドに結合し、(warning) でマークします。

  2. CSV ファイルで定義したフィールド (前のステップで選択した各 CSVフィールド) に一致させたい Jira フィールドを、[Jira フィールド] 列から選択します。次の手順に進むには、サマリー フィールドを選択する必要があります。インポート プロセスで集約された CSV フィールドに対しては、複数の値をサポートする Jira フィールドのみ選択できます。 

    CSV フィールドと Jira フィールドのマッチングの詳細については、下記の「CSV データを Jira フィールドにインポートするためのヒント」を参照してください。

  3. CSV ファイルのフィールドの値を Jira にインポートされる前に変更する場合、該当のフィールドの横にある [フィールドの値のマッピング] チェックボックスを選択します。 

  4. [次へ] をクリックします。

フィールド値のマッピングのセットアップ

クラシック課題タイプから次世代課題タイプへのマッピングはサポートしていません。不完全または不適切なマッピングを防ぐため、データを次世代プロジェクトにインポートする際に新しい課題タイプを作成したり課題タイプをそのままマッピングしたりする機能は削除されました。課題タイプはすでに存在する課題タイプにマッピングする必要があります。

  1. 前のステップで選択した各 CSV ファイル フィールド値に Jira フィールド値を指定します。値をそのままインポートする場合は空欄のままにしておきます。 
  2. 新しい優先度または解決状況の値を Jira に作成するには、該当するフィールドの横にある [新規追加] をクリックします。
  3. CSV データを Jira にインポートする準備ができたら、[インポート開始] をクリックします。
  4. インポート中、詳細なログをダウンロードして処理の詳細な情報を表示することができます。また、同様の設定で別の CSV ファイルをインポートする必要がある場合は、このインポートの設定を保存することができます。 

ご質問がある場合や、問題が発生した場合は、アトラシアン サポートにお問い合わせください。

CSV データを Jira フィールドにインポートするためのヒント

データを CSV ファイルから特定の Jira フィールドにインポートする場合に役立つヒントを以下に示します。

Jira フィールド

インポート時の注意

プロジェクト

CSV データはプロジェクト単位でインポートされます。既存の Jira プロジェクトを指定できます。指定しない場合、インポート時にインポーターが自動的に新規プロジェクトを作成します。

要約

これは唯一の必須フィールドです。

課題キーインポートされた課題の課題キーを設定できます。対象のキーの課題がすでに存在する場合、その課題が更新されます。

コンポーネント

単独の列に各コンポーネントを入力することで、複数のコンポーネントを持つ課題をインポートできます。

影響バージョン

単独の列に各バージョンを入力することで、複数の "影響バージョン" 値を持つ課題をインポートできます。

修正対象バージョン

単独の列に各バージョンを入力することで、複数の "修正バージョン" を持つ課題をインポートできます。

コメント本文

単独の列に各コメントを入力することで、複数のコメントを持つ課題をインポートできます。

作成日

CSV インポート ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。

更新日

CSV インポート ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。

期日

CSV インポート ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。

課題タイプ

CSV ファイルで指定されていない場合、インポートされた課題には、JIRA サイトで指定されているように、既定の(すなわち、1番目)課題タイプが設定されます。インポート処理中にオンザフライで新しい JIRA 値を作成することもできます。

ラベル

単独の列に各ラベルを入力することで、複数のラベルを持つ課題をインポートできます。

優先度

CSV ファイルで指定されていない場合、インポートされた課題には、Jira サイトで指定されている既定 (1 番目) の優先度が設定されます。インポート処理中に新しい Jira 値を作成することもできます。

ソリューション

CSV ファイルで指定されていない場合、インポートされた課題には、Jira サイトで指定されている既定 (1 番目) の解決状況が設定されます。インポート処理中に新しい Jira 値を作成することもできます。

また、役立つヒントとして、未解決の課題の処理方法も参照してください。

ステータス

Jira の既存のワークフロー ステータスにのみマッピングできます。CSV ファイルでステータスが指定されていない場合、インポートされた課題には、Jira システムで指定されている既定 (1 番目) のステータスが設定されます。

初期見積り

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

残余見積り

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

消費時間

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

ユーザー

サポート対象のユーザー タイプ

  • メール アドレス

  • Atlassian アカウント ID

ユーザーを作成

担当者または報告者フィールドの任意の値から、インポーターに Jira ユーザーを自動で作成させることも可能です。

  • ユーザーは、Jira のアクティブなアカウントとして作成されます。ユーザーは Jira への初回のログイン時にパスワードをメールで通知してもらう必要があります。
  • 実名を持たないユーザーは、メール アドレス (ログイン名) の "@" 文字の前の部分を Jira でのフルネームとして使用します。
  • 外部のユーザー管理機能を使用している場合、インポートのプロセスで Jira ユーザーを作成することはできません。代わりに、作成が必要な新規ユーザーの一覧がインポーターによって提供されます。インポートを開始する前に外部のユーザー リポジトリでユーザーを作成する必要があります。
  • ユーザー数に制限のあるライセンス (例: パーソナル ライセンス) で、必要なユーザー数が制限を超える場合、インポートは停止されます。作成できないユーザーの一覧を示すページが表示されます。
  • 担当者および報告者がマッピングされない場合、ユーザーは作成されません。

ユーザーの更新

Jira Service Desk のポータルのみのカスタマーのデータの挙動は、ほかのユーザー アカウント データとは異なります。ポータルのみのカスタマーのデータがインポート データと宛先サイトとで異なる場合、宛先サイトのデータが使用されます。

ウォッチャーウォッチャーに指定されたユーザーが CSV ファイルに含まれているが、Jira には存在しない場合、このユーザーはインポートされません。特定の課題のウォッチャーとしてインポートする前に、ユーザーを Jira で利用可能にしておく必要があります。

その他のフィールド

その他のフィールドをインポートする場合は、特定の Jira カスタム フィールドへのマッピングを行うことができます。Jira にカスタム フィールドが存在しない場合、インポーターによってカスタム フィールドが自動的に作成されます。カスタム フィールドが日付フィールドの場合、CSV インポーター ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。

最終更新日 2020 年 8 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.