プロジェクトを非表示にする

"管理" 権限を持つ ユーザーは引き続き "非表示" プロジェクトを表示できます。標準ユーザーは非表示のプロジェクトの課題を検索、表示、変更できません。

Jira Software または Jira Core の Free プランではプロジェクトの権限またはロールを編集することはできません。また、すべての Free プラン (Jira Service Management を含む) で課題レベルのセキュリティを構成することはできません。Free プランでのプロジェクト権限の仕組みについてご確認ください。Jira の強力なプロジェクト権限管理機能を利用するには、プランをアップグレードします

  1. 新しい権限スキームを作成し、すべての権限を空のままにします。
    1. > [課題] を選択します。
    2. [権限スキーム] > [権限スキームの追加] をクリックします。
  2. 新しい権限スキームと非表示にするプロジェクトを関連付けます (「権限スキームをプロジェクトに割り当てる」を参照してください)。
    1. [設定] > [プロジェクト] を選択します。関連するプロジェクトを選択します。
    2. 対象のプロジェクトのプロジェクトの概要管理ページを開きます (プロジェクトの設定を参照)。
    3. [権限] セクションで、現在のスキームの名前をクリックします。
    4. [アクション] ドロップダウン メニューをクリックして、[別のスキームの使用] を選択します。
    5. 利用可能なすべての権限スキームを表示する「権限スキームとプロジェクトの関連付け」ページで、プロジェクトに関連付ける権限スキームを選択します。
    6. [関連付け] ボタンをクリックし、プロジェクトを権限スキームに関連付けます。

管理者は引き続き、非表示のプロジェクトを確認できます。管理者権限がないユーザーは非表示のプロジェクトを表示することはできません。

最終更新日 2020 年 11 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.