プロジェクトの作成と編集

Jira 管理者は、サイトに追加されたすべての Jira アプリケーションのプロジェクトを作成できます。クラシック プロジェクトを作成するには Jira 管理グローバル権限が必要です。Jira 管理者はスキームを使用してクラシック プロジェクトの作成や管理を行います。

  • 次世代プロジェクトを作成するには、次世代プロジェクトの作成グローバル権限が必要です。次世代プロジェクトの作成の詳細をご覧ください
  • You can view, delete, or move a Jira application project to trash only if you have access to that application. For example, you'll need Jira Service Management application access to work in a service project. 

クラシック プロジェクトを作成する手順は、次のとおりです。

  1. > [設定] > [プロジェクト] を選択します。
  2. [プロジェクトの作成] を選択します。
  3. [クラシック プロジェクト] を選択します。
  4. プロジェクトに名前を付けます。
  5. プロジェクト テンプレートを変更するには、[テンプレート] で、[変更] を選択します。次に、利用可能なプロジェクト テンプレートの 1 つ (スクラム ソフトウェア開発など) を選択します。

    表示されるプロジェクト テンプレートはサブスクリプション契約中の Jira 製品によって異なります。たとえば、Jira Service Management を利用中の場合、[IT サービス デスク] および [カスタマー サービス デスク] という名前のテンプレートを使用してプロジェクトを作成できます。共有構成でプロジェクトを作成して、既存のプロジェクトの権限、ワークフロー、課題タイプ、およびその他のスキームを使用することもできます。

    Jira Software または Jira Core の Free プランではプロジェクトの権限またはロールを編集することはできません。また、すべての Free プラン (Jira Service Management を含む) で課題レベルのセキュリティを構成することはできません。Free プランでのプロジェクト権限の仕組みについてご確認ください。Jira の強力なプロジェクト権限管理機能を利用するには、プランをアップグレードします


    また、他のツールからプロジェクトとその課題をインポートすることも可能です。詳細は、「他の課題トラッカーからの移行」を参照してください。

  6. プロジェクト タイプまたは共有構成のための既存のプロジェクトを選択したら、[作成] をクリックします。

    アクセス権を持っていない Jira 製品に関連するテンプレートを使用してプロジェクトを作成する場合、Jira によって、ユーザーがそのアプリケーションへのアクセス権を自分自身に付与するためのチェックボックスが表示されます。チェックボックスを選択すると、ユーザーはそのアプリケーションの既定グループに追加され、そのライセンスのユーザーとしてカウントされるようになります。

プロジェクトの編集

詳細は、「プロジェクトの詳細を編集する」を参照してください。

最終更新日 2020 年 11 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.