Jira Cloud を Bitbucket に接続

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Cloud サイトを Bitbucket Cloud ワークスペースと接続すると、チームは課題とコードのシームレスな連携を実現できます。

Bitbucket に接続することで、次の操作を実行できます。

  • リポジトリのアクティビティの可視化 – Jira 課題は、リポジトリのブランチ、コミット、プル リクエスト アクティビティ、および Bitbucket Pipelines が有効な場合にはビルドとデプロイも自動的に更新して表示します。
  • Bitbucket との緊密な連携 – コンテキストを変更することなく Jira 課題の重要な詳細情報を表示します。Bitbucket のコミット メッセージ、プル リクエスト コメント、およびデプロイ情報などの任意の場所で Jira の課題キーを表示できます。
  • Jira ワークフローの自動化 – Jira ワークフローはリポジトリのアクティビティと同期し、作業に伴って自動的に更新されます。

Bitbucket Cloud と Jira の統合 のメリットの詳細をご覧ください。Jira Server を使用している場合は、「Bitbucket または GitHub リポジトリを Jira とリンクする」を参照してください。

Jira Cloud と Bitbucket Cloud ワークスペースの接続

  1. Jira 管理者として Jira Software にログインします (Jira プロジェクト管理権限では十分ではありません)。
  2. > [製品] を選択します。
  3. [統合] の下で、[DVCS アカウント] を選択します。
  4. [Bitbucket Cloud ワークスペースのリンク] をクリックします。


Jira Cloud ワークスペースを Bitbucket Cloud アカウントに接続すると、Jira が作業の進行に応じて自動的に更新するため、チームは新しいブランチ、コミット、プル リクエスト アクティビティを Jira 課題で表示できるようになります。詳細については、「デプロイ作業で課題を参照する方法」を参照してください。

また、Jira プロジェクトでコードを有効化することで、Bitbucket クラウド ワークスペースをリンクすることもできます。

[コード] メニューに移動して、クリック 1 回で Bitbucket またはサードパーティ リポジトリを Jira プロジェクトに接続します。


Bitbucket で接続プロセスを続行

接続プロセスにより Bitbucket に遷移します。Jira と接続するワークスペースにアクセス可能な Bitbucket アカウントにログインしていることを確認してから、Jira に Bitbucket ワークスペースへのアクセスを許可します。

Bitbucket で、Jira への Bitbucket アクセスを許可します。

Bitbucket ワークスペース内のリポジトリに関して、Jira による同期およびスマートコミットの処理方法を選択します。

Jira Cloud で Bitbucket アカウントにあるすべての既存のリポジトリと今後追加されるリポジトリでスマート コミットを有効にするかどうかを選択します。
スマート コミットで Jira 課題を処理する」をご覧ください。

これらの設定は、Jira の DVCS アカウント設定で後から管理できます。「リンクされているアカウント設定の管理」セクションをご覧ください。

一度接続すると、Jira の DVCS アカウント設定ページで Bitbucket のリポジトリの一覧を確認できます。

未完了の接続要求の承認

Jira と Bitbucket Cloud の接続を開始する場合、(たとえば、Jira プロジェクト管理者としてログインしていても) Jira 管理者としてログインしていないと、接続プロセスを完了できません。

この場合のオプションは次のとおりです。

  • Jira 管理者アカウントを持っている場合、一旦ログアウトし、Jira 管理者アカウンで再ログインします。
  • Jira 管理者に接続を完了してもらいます。

いずれの場合も、Jira 管理者は上記の手順を使用し接続を完了できます。

リンクアカウントの設定を管理する

Jira Software と Bitbucket Cloud ワークスペースのリンク後、Jira の「DVCS accounts」ページから、接続とリンクされているリポジトリを管理することができます。

もし接続に問題があれば、 Troubleshoot connections with Bitbucket Cloud をご覧ください。


操作手順説明
スマートコミットの管理
  • ワークスペースに対して: [その他のオプション (•••)] メニューで既定のリポジトリ設定を選択します。

ここで、必要に応じて スマート コミットのデフォルト設定を変更します。

変更した設定は、Bitbucket ワークスペースに追加された新しいリポジトリにのみ適用されます。

  • レポジトリに対して: 必要に応じて、リポジトリの行にあるスマート コミットのチェックボックスを選択、またはクリアします。

詳細は スマートコミットでJira課題を処理する をご覧ください。

リポジトリのリストを更新手動で接続されたリポジトリのリストを更新するには、[その他のオプション (•••)] メニューから [リポジトリの更新 (Refresh repositories)] を選択します。
Bitbucket ワークスペースの切断

ワークスペースと接続されたリポジトリを削除するには、[その他のオプション (•••)] メニューから [切断] を選択します。


最終更新日 2021 年 11 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.