サブタスクの設定

Jira 管理者は、規模が大きい作業を複数のタスクに分割し、各チームに割り当てて、個別に追跡できるようにするため、サブタスク課題タイプを作成できます。サブタスクは既定で有効になっています。しかし、チームが標準の課題タイプだけで作業する必要がある場合は、サブタスクを無効にできます。また、親課題が解決する前に、すべてのサブタスクを完了させることを内容とするワークフロー条件を作成することもできます。 

サブタスク課題タイプを有効または無効にする方法

サブタスクは既定で有効になっています。いずれかの Jira アプリケーションで 1 つ以上のサブタスクがすでに作成されている場合は、サブタスクを無効にできないので、ご注意ください。それらのサブタスクを無効にする場合は、サブタスクを標準の課題タイプに変換できます。 

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. [課題タイプ] で、 [サブタスク] を選択します。
  3. 必要に応じて、サブタスクの [有効] または [無効] をクリックします。  

サブタスク課題タイプを作成する方法

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. [課題タイプ] で、[サブタスク] を選択します。
  3. サブタスク課題タイプ をクリックします。 
  4. 名前と説明を入力して、新しいサブタスクの課題タイプを定義します。 
  5. 追加をクリックします。 

サブタスク課題タイプを編集する方法

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. サブタスク をクリックします。
  3. 該当のサブタスク課題タイプを見つけて、編集 をクリックします。
  4. 必要に応じて、名前、説明、アバターを編集して、[更新] をクリックします。 

親課題に表示するサブタスク フィールドを選択する方法

親課題のサブタスク セクションに表示されるサブタスク課題フィールドを定義できます。

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [システム] を選択します。
  2. 一般設定 > 詳細設定 をクリックします。
  3. jira.table.cols.subtasks プロパティ キーについては、フィールドの値を編集します。要約フィールドは必須の値であること、また、フィールドはユーザーが指定した順序で親課題に表示されることにご注意ください。すべての定数フィールド オプションについては、API ドキュメントの「定数フィールド値」を参照してください。
  4. 更新をクリックします。

サブタスクのステータスに基づいて親課題のワークフローをブロックする方法

サブタスクのステータスに基づいてワークフロー トランジションをブロックする、サブタスク ブロック条件を備えたカスタム ワークフローを作成できます。このような条件により、親課題のすべてのサブタスクが解決されるまで、親課題が解決されないようにすることができます。

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. ワークフロー をクリックします。
  3. 該当のワークフローを見つけて、編集 をクリックします。
  4. トランジション(例:解決)を選択し、条件 をクリックします。
  5. 条件の追加  をクリックします。
  6. サブタスク ブロック条件 を選択し、 追加 をクリックします。
  7. サブタスクのステータス(たとえば、完了、解決)を選択し、追加 をクリックします。

サブタスク課題タイプを削除する方法

サブタスク課題タイプを削除する前に、そのタイプの課題をすべて検索し、それらの課題を一括編集して、既存の他の課題タイプを選択しておくことをお勧めします。これで、既存の作業に影響を与えることなく、元のサブタスク課題タイプを削除できます。

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. [課題タイプ] で、[サブタスク] を選択します。
  3. 該当のサブタスク課題タイプを見つけて、削除 をクリックします。
最終更新日 2018 年 7 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.