カスタム イベントのメール通知を構成する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA 管理者は、カスタム ワークフローのトランジションのメール 通知をトリガーする、カスタム イベントを設定できます。

カスタム イベントはほとんどの場合、カスタム ワークフロー トランジションの通知の生成に使用されます。たとえば、組織で "QA_検証" というワークフロー ステップを "課題の解決" と "課題のクローズ" の間等に追加して、既定のワークフローを変更する必要がある場合があります。また、課題がワークフローの "QA_検証" ステップに進むたびに QA チームへのメール通知を生成したい場合もあります。

これを実現するために3つの手順があります。

  1. システムにカスタム イベントを追加します (例: "QA 待ちの課題")。

  2. カスタム イベントの発生時にメールを送信するように通知スキームを設定します。

  3. カスタム イベントを発生させるようにワークフロー トランジションの事後操作を設定します。

カスタム イベントの追加

まず、カスタム イベントを作成する必要があります。このイベントをあとから使用してメールをトリガーします。カスタム イベントを追加するには、次の手順を実行します。

  1. > [システム] を選択します。

  2. サイドバーで、[詳細] の [イベント] をクリックします。

  3. [新しいイベントの追加] セクションで、カスタム イベントの名前と説明を追加します。

  4. [テンプレート]ドロップダウンで、[Generic event] を選択します。

  5. [追加] をクリックします。

カスタム イベントは、一般イベントのメール テンプレートに関連付ける必要があります。このイベントをユーザーに通知するように設定された通知スキームは、通知の送信時にこのメール テンプレートを使用します。これは、"更新された課題" イベント メールに非常によく似ています。

カスタム イベントはシステムで定義されたイベントのリストに表示されます。最初、イベントは通知スキームやワークフローの後処理と関連付けられていないため、非アクティブとしてマークされます。

メールを送信するように通知スキームを設定する

カスタム イベントを作成したら、それを通知スキームにマッピングする必要があります。通知スキームを使用することで、複数のプロジェクトで設定を再利用できます。通知スキームの詳細をご確認ください。

  1. > [課題] を選択します。

  2. サイドバーの [課題の属性] で [通知スキーム] を選択します。

  3. 通知スキーム名をクリックして、編集する通知スキームを選択します。または、新規スキームを作成します。

  4. イベント名の横にある [操作] 列の [追加] リンクを選択して、カスタム イベントをスキームに追加します。カスタム イベントが一覧の一番下に表示されます。

  5. 必要に応じてカスタム イベントの受信者を追加し、[追加] を選択します。

これで通知スキームをカスタム イベントに含めることができました。ただし引き続き、イベントをワークフローに追加して、メールを送信するタイミングを Jira に指定する必要があります。

ワークフローでカスタム イベントをトリガーするように事後操作を設定する

事後操作を使用すると、ユーザーがワークフローで課題をトランジションする際に、特定の操作を自動的に実行できます。ここでは事後操作を使用して、カスタム メール イベントをトリガーするタイミングや、メール イベントを開始するトランジションを Jira に指定します。

  1. > [課題] を選択します。

  2. サイドバーの [ワークフロー] で [ワークフロー] をクリックします。

  3. イベントを追加するワークフローを見つけて、[編集] を選択します。

  4. ワークフローのダイアグラムを表示して、カスタム メール イベントを開始するトランジションを選択します。

  5. トランジションの詳細を表示して、[オプション] の [事後操作] を選択します。

  6. トランジションの事後操作を示す表で、[...イベントを発生させます。] 事後操作を見つけます。鉛筆アイコン ([編集]) を選択して、事後操作を編集します。

  7. [イベント] ドロップダウン メニューで、このトランジションで開始したいカスタム イベントを選択します。

  8. 更新を選択します。

  9. [下書きの公開] を選択して、ワークフローへの変更内容を公開します。

これで設定が完了しました。今後、このワークフローを使用するすべてのプロジェクトで、選択したトランジションについてカスタム イベントの通知が送信されます。


最終更新日 2019 年 11 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.