クラシック プロジェクトで利用可能なワークフロー バリデーター

カスタムフィールドでバリデーターを利用する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、課題のワークフローに追加できる、組み込みのバリデーターについて紹介します。バリデーターとカスタム フィールドの併用の詳細についてはこちらを参照してください

既定のワークフロー バリデーター

日付比較バリデーター

ワークフロー トランジションで 2 つの日付を比較します。

日付枠バリデーター

日数の期間をいずれかのフィールドに追加することで、2 つの日付フィールドを比較します。

必須フィールド バリデーター

トランジションでフィールドを空にすることはできません。

フィールドの変更有無バリデーター

トランジションでフィールド値を変更する必要があります。

フィールド単一値バリデーター

トランジションで複数選択フィールドに 1 つの値のみが許可されます。

親ステータス バリデーター

親課題が対象のステータスにあることを検証します。

権限バリデーター

ユーザーが権限を持っていることを検証します。

前のステータスバリデーター

課題が特定のステータスからトランジションしたことを検証します。

正規表現チェック

ワークフロー トランジションでフィールドのコンテンツを正規表現に対して検証します。

最終更新日 2019 年 6 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.