高度な設定

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

高度なメール ループ検出は、Jira Service Desk でのみ使用できます。このページの情報は、Jira Service Desk 管理者のみに適用されます。

 

Jira Service Desk  はメールを処理する際、一意の送信者からきたメッセージの追跡も行います。短期間に、特定のメール アドレスが Jira Service Desk  へ大量のメールを送信する場合があります。この場合、Jira Service Desk  は、設定に応じて、特定のメール アドレスからのメールをブロックすることができます。

 高度なメール ループ検出の設定方法

  1. Choose the Jira icon (, or ) > Jira settings > System
  2. [メール] セクションで、受信メール をクリックします。
  3. [高度な設定] セクションで、必要に応じて次のいずれかの操作を行います。
    • 簡単にトリガーされないようメッセージのしきい値を増やします (推奨)。
    • 完全に無効にするにはしきい値を 0 に設定します (インスタンスがスパムとみなされ、メール ループが発生する可能性があるため、推奨しません)。
    • メール ループ検出機能の影響を受けるのを防ぐため、信頼されるドメインをホワイトリストに追加します (信頼されているドメインであってもメール ループが発生する可能性があるため推奨されません)。

次の点に注意してください。

  • メッセージしきい値を構成し、しきい値に到達すると、Jira Service Desk  はこれらのメッセージを一括で処理します。
  • メール ループは一般的に不在通知によって発生するため、信頼されているドメインでもメール ループが発生することがあります。
最終更新日 2017 年 1 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.